ブログ

ストレートに言う理由。

投稿日:

ストレートに言わせて頂いたのは、ある種の、オープンマインドです。

先輩にも心配されましたが・・・。

恐らく質を高める為の前進です。

さて、何のトラウマも無いと思う方は見る必要は無いですが、

何か抱えてるかも?と思う方は見てみますか?

人によっては、子供の頃に出来たトラウマで、どんどん心身共にバリアを張り巡らせて、本当の心や感情とは違う行動を形成していきます。

ある種、大人になっていくので、当然とお考えの方も多いと思います。

しかし、

幼少期、青年期に出来たルールの中で不要な物が有りませんか?

例えば、自分の思った通りに行動したら、親に怒られる。

我慢していると、親は喜んでくれる。

思った通りに行動していたら、友人に無視された。など

さて、このルールを自分の気持ちがパンク寸前まで我慢する方々。

恐らく、苦しいのではないのでしょうか?

もしかして、自分が守っているルールを相手に望むようになってるかもしれません。

例えば、自分の絶対的なルールは、嘘を付かない事です。

なので、昔から、嘘を付く人が嫌いです。

でも、世の中、良い嘘も有ります。

自分はそれすら許せません。

都合の良い奴と思ってました。

でも、その思考は、自分自身、心身共に、壊し傷つけます。

自分的に、ルールは「許せる」幅を狭めます。

なので、ゆるい人は、「許せる」幅も広く。

ルールどうりに生きてる人は、「許せる」幅が狭い事が有りませんか?

これも、バランスだと思います。

ただ、心底、許せたら楽ですよね?

玉に、こんな方を見かけます。

友達は沢山居るけど、本当の友達は居ない。

自分はこんなに我慢しているのに、周りの奴らときたら・・・。

地位も名誉もお金も人並み以上だけど、幸せでは無い・・・。

とか

細かく伝えるのは難しいので、治療中に聞いてください。

この方々に言える事。

オープンな性格では無い。賢いかもしれませんが閉ざしているかも・・・。

と言う事です。

自分的にバランスの問題も有るので、全開は全開で、危ないイメージを持ちますが、開放のほとんどが99%プラスに思います。

波風立てずに、思いを、閉ざす事が今の時代の標準なのかもしれません。

なので苦しい時代なのかもしれません・・・。

今の高齢者に、昭和と平成、もう一度生まれ変わるならどちらが良いですか?

と言う質問をすると、当院の患者さんに置いては、全員の方が「昭和」と言います。

昭和を望む、色々な背景が有りますが、その一つ。

この時代の方々のほうが感情に素直だった事は、オールウェイズ三丁目の夕日でも見れば解る気がします。

ふざけるなっ!!と思う事に言える人々。

と言う事で、深層部で、ふざけんな!と思うより。

ちょっと問題有るんじゃないんですか?と言える人になる方が、人生と言うスケールでは楽かもしれません。

人生と言うスケールを考えた時、最後はとても重要です。

明日、死ぬかもしれないし、来年死んでいるかもしれないし、30年後に死んでるかもしれません。

その時に、どんな、お別れをしたいのか?

其処にいる人と、どんな会話をしたいのか?

どんな気持ちや感覚をむねに旅立ちたいのか?

それをする為に、どんな日々を送れば良いのか?

それが、人生的なスケールで見た最後と計画です。

そして、皆さんは

感情的で、自分の本音で付き合う、オープンマインドの友人と

言葉と心が別の、何を考えているのか解らない友人と

どちらの方と、命を賭けた仕事や勝負をしたいですか?

昭和の企業、政府には、これが、自然と組み込まれていた気がするのは、自分だけでしょうか?

さて、最後に、皆さんが心身共に求めているものが有ります。

それを得る為に、一生懸命、時間を削り、お金を稼ぎ、地位や名誉を得ようとし、自分の感情を抑え、志を失い、我慢しています。

物質主義自体は、間違いじゃない気がしますが、何の為に。が消えているかもしれません。

何の為にが解らないのは、苦しい事かもしれません。

コレは、自分を自己否定している方には、なかなか手に入りません。

コレは、科学では立証されていません。

皆さんが小さい頃までさかのぼりましょう。

まだ

貴方の手は小さく。

小さな靴をはき。

大きな車。

大きな建物。

大きな、お母さんと、お父さん。片親かもしれませんし、養母さんかもしれません・・・。

手をつなぎ。

おんぶ。

抱っこ。

ケガをすれば、親が心配をしてくれた。

恐がれば、親が何とかしてくれました。

美味しい、お菓子をくれました。

心底、可愛くてしょうがない貴方を見つめる親の顔。

どんな気持ちですか?

どんな気分ですか?

親に、どうして欲しかったのでしょうか?

何かして欲しかったですか?

そこに貴方様は、何を望んでいますか?

答えは、当院にて聞かせて下さい。

今日はココまで・・・。

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.