スタッフ佐々木。

食べ過ぎ飲み過ぎの疲れに鍼灸。

投稿日:2019年8月1日 更新日:

おはようございます。
佐々木です。

梅雨が明けた後の夏というのは、その解放感からか、暴飲暴食をしてしまう方が多い感じがします。
夏バテをしない限りはむしろ食欲があったり、ビールが美味しい季節ですのでついつい飲みすぎちゃったりなんていうのもあります。
楽しい季節ではあるので、厳しく節制しろとは言いません。

が、楽しむなら楽しむ為の体を、楽しんだら楽しんだだけのケアをしてほしいと思います。
楽しむ前に、
今の自分の体調はそれなりに良いのか、楽しむ為には体調がとても大事だと思いますので、是非自分自身の体の声を聴いてあげて頂ければと思います。

暴飲暴食をすれば、胃が疲れ、肝臓も疲れてしまうのは、想像しやすいと思うのですが、
胃が疲れれば、
腰や背中に張りが出て、
お尻の流れも詰まって、
下肢にも影響が出てしまいます。
呑み過ぎた後は脚をツりやすくなりますし、
浮腫みが出てしまうのもある程度はしょうがない事です。

ただそれをそのままスルーするのではなく、ストレッチを入念にしてあげたり、次の日の食生活ぐらいは気を遣ってあげたりしてあげて下さい。
でないと、最初に出来た張りが定着してしまって、頑固な症状になってしまう事もざらにあります。

そうならない様にする為のケアではあるのですが、
普段からそのような習慣が無い方ですと、つい放置してしまいがちですので、
そうならない様にこの場を借りて注意喚起をしておきます。
気を付けてみて下さいね。

ちょっと面倒だなぁという方は是非とも当院をご利用ください。
内臓も一緒に診ますので、
疲れてしまった胃と肝臓の疲れを取って、
食べ疲れ、飲み疲れで出てきた張りにもバイバイできますので、
簡単楽ちんです。

普段鍼とか受けた事が無い方でも、気軽にそんな利用の仕方をして頂ければと思います。

-スタッフ佐々木。
-, , ,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.