ブログ

サーファーの患者さん

投稿日:

当院には、アマチュアですが、何人かのサーファーの患者さんが来ます。

 

皆さん中年(30越え)のかたで、昔話に花が咲きます。

 

自分も、海沿いに住んだり、海外で生活をしたこともあり、大体の患者さんが同じような生活をしたことがある方が多く、話を聞いていても鳥肌を立てたりしています。

 

波乗りをしない人にはつまらないかもしれません。

 

今は波情報などを携帯やパソコンなどで見ることが出来ますが、昔は、低気圧の位置や、季節特有の風、地形の決まり方の噂をあてに、海に向かったものです。

 

若くて、毎日、海に入っていた時は、天気図に熱帯低気圧(台風の卵)が出来ると毎朝動きをチェックして、楽しみにまっていました。

 

そして、みなさん「今はさー、出来てスーパー朝一だよねー」などと話します。
※スーパー朝一=日の出前後に海に入り、午後一には家に帰り、仕事や家族サービスや恋人との時間を作る。
 

若者は、朝、昼、夕と入り、海で昼寝をしてかえってくる。こんな事30歳過ぎにはなかなか出来ません。

 

若い時は、2,3人で海に向かいましたが、おっさんになると、一人で行くことがほとんどです。

 

次、出るのがウエットスーツの話。
 

大体、冬のウエットは8万円ぐらいするのですが、年を追うごとに硬く、小さくなっていきます。
 

こうなると、星 飛馬の養成ギブスのようになりパドルもしんどくなり、体の動きも硬くなります。

 

更に問題なのが中年太り、ウエットは縮んでいるのに体はふくらみ、
何とか着てみると、セイウチの様な姿になります。
 

しかも、着たは良いが脱ぐのも大変です。
 

これが情けないのですが、面白い。

 

他にも、温暖化で水面が上がったのか、昔よりビーチが少なくなった話をしたりします。

 

でも、月一回でも良いから続けたいですよねーと話したりします。
 

キープオン・サーフと言う言葉がサーファーにはあります。
 

サーフィンを続けろと言う言葉です。
 

本格的にサーフィンをしてしまった人は海に行けないことで、弱ってしまいます。
(他の競技の方もそうだと思います。)

 

そして、サーファーは海に入るだけで癒されます。
 

波が無くてもゆれるだけで、海に包まれるだけで、癒されます。
 

海は広く、地平線は遠く、自然はでかいです。
 

人間社会は小さく狭いです。しかも日常の視野が50センチから100メートル先程度しか見なくなるそうです。

 

海に行くと人間は本当に小さく感じます。

 

たまに、ギラギラした若者ににらまれますが・・・

 

そして、サーファーのみなさんは、ヘルニアになる人が多いので注意しましょう。
 

準備運動はもちろんですが、サーフィンした後も、ストレッチをして、たまに腹筋を上手に鍛えましょう。

 

-ブログ
-,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.