ブログ

竹前の理想とするスポーツ選手と治療家の関係性。

投稿日:

おはようございます。

 

竹前です。

 

今日は、少しスポーツ選手とトレーナーの竹前が思う本質や理想について書ければと思います。

 

スポーツ選手とトレーナー。

皆さんは、どこまでご存知でしょうか?

 

まず。

フィジカルトレーナー(身体づくりの専門)

メディカルトレーナー(故障を治す専門)などがあります。

 

案外、両方持つトレーナーも多いのです。

フィジカルでは、アスレティックトトレーナーやNSCAやら

メディカルトレーナーであれば、鍼灸、理学療法士、按摩、マッサージ、柔道整復師などの国家資格者が基本となります。

 

 

そして、明確なくくりは無い為、なんの資格は無くても「トレーナー」と名乗る事は誰でも出来ます。

 

 

なので、個人競技者であれば、一部、そういう無資格トレーナーを雇用している方も居ます。

 

しかし

社会的地位の有る団体。プロ団体競技やオリンピックともなれば、国家資格であることが基本であると思います。

 

※知らない方の為に一応書いておきます。

医療系国家資格、鍼灸、あん摩マッサージ師、理学療法士、柔道整復師。

無資格、整体、カイロ、アロマテラピー、もみほぐし、エステは、国家資格ではありません。

ちなみに、お店の前に料金を掲げている所、ホッ◎ぺッパーに乗っているところは無資格になります。

逆を言えば、国家資格の医療機関で店頭に料金を掲げてはいけませんし、ホットペッパーに掲載する事も出来ません。

 

とは言え、雇い主が求めるモノが提供できるのであれば、肩書は不要な事もあると思います。

 

 

 

また。

 

スポーツも

ビジネスですから

 

時に、トレーナー?医療が、スポンサーだったりします。

 

選手やチームに金銭的にバックアップするスポンサーする側の医療関係やトレーナーもあります。

 

例えば、選手のユニフォームに、病院名や整骨院名などの名前を見た事がありますでしょうか?

 

サーフィンやスノーボードなどでも見かける時代です。

 

ちなみに、板のどの場所にステッカーを貼るかで、料金が異なったりしますよね?

 

また。

試合中、帽子をかぶらない競技でも、表彰台やインタビューでは

帽子をかぶってちゃんとCMしている選手なども見かけませんでしょうか?

 

 

人によっては

夢を打ち砕いてしまうかもしれませんが・・・。

 

選手が広告塔になって利益を得るのは、全然、悪い事ではありません。

 

ユーチューバーと同じです。

むしろ、しっかり学んで頂ければと思います。

 

つい先日も、プロ選手が、みんな付けているネックレスの話が出ましたが・・・。

 

本当に良い物だからプロ選手がみんな付けているか?

は別問題です。

 

CMの為に、プロ選手に無料で配る。

トップ選手には、お金を払って付けてもらう。

有名になったりインスタで挙げたり、インタビューなどを露出すればボーナスも出る。

 

ギブ&テイクが成立すれば、それは仕事です。

やきそばのCMでも

シャンプーのCMでも

本人が愛用しているとは限らず。イメージキャラクターをしているだけな事もあるのです。

 

非常に残念?かもしれませんが

 

テレビや広告とはイメージ操作ですよね?

 

そして

そもそも、スポーツブランドも、売れているメーカーはイメージづくりが上手ですよね。

スポーツ選手は、注目を浴びる事で、自分自身が広告塔のイメージの仕事をする訳です。

 

 

よくある話で言えば

日本ブランドの方が質は良いですが・・・。

なぜ質の悪い外国産のメーカーが売れると思いますか?

 

なので、知らない人は、知っておいて欲しい事は

 

選手が身に着けている物や使っているモノには、実は、本音と建前がきちんとあるのです。

 

そして、それがキチンとある選手が企業としては、しっかりpayしたくなる選手なのです。

 

しかし、本当に人気のある競技のトップ選手のその範疇ではありません。

 

ただ。

 

時代だなぁと思ったの事であり。

皆さんでも想像がつきそうなことで言えば・・・

 

錦織圭選手とユニクロの契約は、当時、斬新でしたよね?

 

はっきり言って、多分、お金ですよね?

多分、気持ちいいぐらいお金だと思います。

 

と言うか、錦織選手は、テニスアカデミーで、スポーツビジネスなどの教育も受けていたようです。

 

言わば、カッコいいブランドや流行は、有名選手によって作られる。と言う現実。は当然知っている訳です。
 

ナイキがカッコいい。

アディダスがカッコいい。

 

何故かと言えば、カッコいい選手と多額の契約金で道具を使用してもらう事で、自社ブランドと選手でイメージを作る訳ですよね?

 

 

竹前も、そういうスポーツ選手が

スポンサーを付ける為の勉強会に参加した事があります。

 

トップ選手は

本当に好きな、イメージの良いブランドを選び、それでも多額の収入を得る事が出来ますが

 

下位の選手は、望んだブランドを選ぶことは出来ませんし。

なんなら

スポンサーゼロなんて選手もザラだと思います。

 

また。

我々の時代と大きく変わって来たのが、ユーチューバーなどでプロで無い素人さんが、上手に広告で収入を得る時代にもなりました。

 

 

すると、プライドや自意識だけ高い?成績の良くない選手より。

 

ユーチューバーに何かを提供した方がメーカーにとっても利点(コマーシャル)が出てきたりもします。

 

 

知っておいた方が良い事をいくつか挙げると

 

プロ野球選手の実際の選手生命の平均寿命は2~3年と聞いた事があります。

 

良い選手で9年前後だったと思います。

 

我々は有名な選手しかみませんから

みんなイチローまでとは言わなくても

10年そこそこは・・・などと、誤解しがちですが

 

毎年、毎年、有能な選手が入るのですから、その分抜けて行きますから、当然です。

 

そして

個人競技であれば、日本1位、世界1位にならなければほとんど知名度などあり
ません。

 

 

さて

 

あいも変わらずめっきり話が逸れました。

 

大変

申し訳ございません。

 

ただ。

スポーツ選手が稼いではいけない。と言う概念は、良くない思想だと思います。

 

大事なのは、夢や希望、目的です。

 

その手段です。

 

そして、それはどんな仕事でもあると思います。

 

売りたい物と売れるモノが別であったり。します。

 

 

ただ。

 

今日伝えたいのは、トレーナーのジャンルです。

 

治療するトレーナーには

 

お金を払って選手を触るトレーナーも居ますし。

 

チームで雇用居ているトレーナーも居ます。

 

近年では学校や部活にトレーナーも居ます。

 

そして、どこそこ専属トレーナーとして看板を上げたりしますよね?

 

さて、そこのトレーナーは、トレーナーとして優秀な傾向がありますが・・・。

 

それこそ人脈やOB、OG。ってパターンも多いんですね。

 

 

わかりやすい言えば、優秀だからトレーナーとして雇用する。

よりは、知り合いだから雇用する。

何なら宣伝費を選手にスポンサーする事で、○○専属トレーナーとCMする。

 

なんとも、横繋がりの強いスポーツの世界の一長一短な世界観なんですね。

 

 

そして

 

実際、そういう不平不満もある訳です。

 

選手にとっても

トレーナーにとっても

 

無料と言うのはお互いに、不足の心や依存心を引き出します。

○○だから、もっと○○と言う意識も出やすいのです。

 

例えば

 

トレーナーのいるクラブチームでは、トレーナーは要るけど、クソですよ。

とか

部活の子は、監督のコネで来ているだけなんで・・・とか

 

実際、無償で来るトレーナーは、それなりだと思います。

言い方を変えれば、経験も豊富で腕の立ち、店は忙しいのに、無料ではやらないでしょう。

経験を積んでいる状況のパターンが多いと思います。

有償だとしても、やはり、学生レベルでそれ相応に見合う金額を頂けるイメージはありません。

もちろん、夢や楽しみの為に行っている方もいると思うので良いのですが・・・。

腕の立つ人が一肌脱いでやっているイメージはありません。

 

逆にトレーナー側からは

学生の部活のトレーナーから聞いた愚痴は

無料だから、ストレッチとかなんの努力もしないで、揉んでくれとか言う選手しか来ない。

来るのはBチームや二軍ばかり。努力しない奴ばかり。とか

強い選手は行きつけのメンテナンスがある事が多い。とか

雇われているのは学校だけど、学生に舐められる。とか、でしょうか・・・。

 

 

竹前も、整骨院に来る部活の学生と鍼灸治療院に来る部活の学生は大きく個性が違うと良く思ってました。

 

どちらかは、ストレッチや食事にも気を遣い、非常に努力家の子が多いイメージで

 

どちらかは、ストレッチも何もしない子が多いイメージです。

 

 

さて

 

ここまで話しまして

 

竹前のカッコいいなぁ~と思うトレーナーは

 

どこそこチームの専属トレーナー。

○○選手の専属トレーナー。ではありません。

 

 

選手がコッソリ、内緒で治療に向かう治療院です。

 

しかも普通に他の患者さんと同じルール同じ料金で通う治療院です。

 

 

プロが集まる勉強会でも質問させて頂きましたが・・・。

 

やはり多くのトップ選手が、いくつかの選手同士で評判の駆け込み治療院を持ってました。

 

 

中には、他の選手には、絶対に教えない。という選手もいました。

 

団体競技でチームメイトにも教えない選手もいました。

 

 

 

竹前が目指すところは、ソレです。

 

スポンサー。人付き合い。人脈。それも大事なんですが

 

良い治療だから

そこへ行く。

 

ダメなら行かない。

 

それが、本質でしょうし大事に思います。

 

出来る事であれば、治療家は、渋いイメージなのですが・・・。

 

性格上

 

まだまだ渋い感じが出ま・・・すん。

 

 

という事で

 

良い状態を更に良い状態へ。

 

日々精進していこうと思います。

 

 

最後まで、お読み頂きありがとうございます。

 

今日も、良き一日を!!

 

 

 

「アメーバ 大喜利」の画像検索結果

 

 

 

 

-ブログ
-, , , , , , , , ,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.