スタッフ佐々木。

頭の浮腫みによる弊害。

投稿日:

おはようございます。

佐々木です。

 

前回は花粉症の話をしたのですが、

 

今回はその続きのようなお話をしようかと思います。

 

前回の話の中で頭の浮腫みについての話をしたのですが、

 

それをもうちょい拡げようかと思います。

 

 

というのもこの頭の浮腫みというのが、

 

また色々引き起こすんですねー。

 

花粉症が出ている身体の状態は頭の浮腫みも出るという事だったのですが、

 

頭の浮腫みが出るという事は顔のむくみも出ますし、

 

手足の浮腫みも出易くなります。

 

それはまあ考えられることなのですが、

 

ここから睡眠障害等にも発展していきます。

 

 

浮腫みというのは、基本的に血流等の流れが悪いことによって起こり、

 

更に浮腫みがある事によって流れが悪くなるという物ですが、

 

頭の流れが悪ければぼんやりしやすくなりますし、

 

頭痛の原因にもなります。

 

脳の血流が落ちていれば疲労感も感じやすくなります。

 

気分も落ちやすくなりますし、全くといっていいほど良い事がありません。

 

 

また眠りについては、眠れるかもしれませんが、

 

良い眠りにはなりづらい物です。

 

生き物は睡眠の最中でも血流が少なからずあります。

 

眠っている最中というのは基本的にゆっくりな流れになるのですが、

 

副交感神経が優位になる事で血管は開きます。

 

つまり血液量自体は日中より多い状態になります。

 

しかし、浮腫みがある事でより血流が落ちればどうでしょう?

 

まともな栄養を脳に与えられなくなってしまいます。

 

酸欠のような状態にもなりますし、

 

睡眠中に脳の中で整理されるものも上手くされません。

 

結果的に朝起きて、寝た気がしない、疲労感がある、

 

そんな事になってしまうわけです。

 

 

だから、基本的には身体が浮腫まないような体質作りが大切なのですが、

 

頭の浮腫み、ブヨブヨした感じがあれば、

 

それを取り除いてあげた方が、

 

色々と楽に過ごせるかと思います。

 

 

初めての方へはお試しメニューも始まりましたので、

 

睡眠に難が有る方は一度お試し頂ければ、

 

良い結果が得られるかと思います。

 

 

 

 

 

海陽堂鍼灸治療院

-スタッフ佐々木。
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.