スタッフ佐々木。

痛みと内臓。

投稿日:2016年9月1日 更新日:

おはようございます。
佐々木です。

どうしても「痛み」というものと向き合うことを避けられないのが、

この仕事なのですが、

痛みの原因というのはその人毎に変わってきます。

その原因を考える時に内臓なんかもイメージすることが多いのですが、

これが中々伝わりづらい部分だったりします。

世間的に?現代医学的に?痛みというと大体その痛い部分が原因で、

筋肉や骨格の問題であると考えられることがほとんどで、

実際そういったこともあります。

転んだ時にぶつけて骨折した。

どっかで切って、傷が膿んでしまって痛い。

事故でムチウチになってしまった。骨がズレてしまった。

こういった、明らかにそこがおかしいっていうものであれば、

筋肉や骨などが原因と考えるのは何もおかしくないかと思います。

ただ問題なのは、

日常的にいつの間にか痛くなってしまった。

朝起きたら痛い。

ちょっとした運動で痛めてしまった。

そんな原因不明とも取れるような痛みに関しては、

本当に筋肉や骨だけが問題なのか、

考える必要があると思っています。

筋肉や骨だけが原因と考えるには限界が出てくるところがあります。

いくら部分的に緩めて、状態を緩和させても、

また同じ様な場所に同じ様な症状が出るのは割とある話なのですが、

これは恐らくその部分が問題になっているのではなく、

その部分に症状を出す何かが問題になっているのだと想像できます。

そうなると人体において骨や筋肉を除く何かを考えることになりますので、

内臓なんかを考えるようになります。

ただ、内臓と言われてしっくりこない人もいるかと思います。

別に内臓に負担が掛かるようなことはしていない。

特に内臓の調子が悪いと感じたことがない。

大体内臓の調子なんかどう診るのか。

そう考える方も少なからずいるかと思います。

確かに内臓と言われて内臓の調子が悪いのかと言えば、

そうではない事が多いです。数値や体感としてはですが。

こちらとしては数値や体感で解るようになってからでは遅いので、

その前に対処する為に内臓を様々な方法で診ることになります。

触診したり、脈を診たり、僕はあまりやりませんが舌を診たりする所もあります。

その人の声や臭い、性格までもが内臓を診る為の材料となります。

数値などに出る前に感じるには

このように普段から診れるもので診ないと恐らく解りません。

良い状態と悪い状態を比較できるから気付けるものがあるのだと思います。

僕自身はまだまだ未熟ですので、気付く為にあちこち触ったり、

脈を診たり、話を聞いたり、やる事が多くなりますが、

経験が積まれれば雰囲気とかで解るようになるんですかね。

多分解るようになるんです。

とまあ思っている以上に実は色んな情報を色んな角度から得て、

内臓というものを診ています。

だから、というのも難ですが、

気になる所に対して気になる事を言われたのなら、

少しでもそれを参考にして頂ければと思います。

宜しくお願い致します。

イベントのお知らせ。

キャリア20年の指圧の先生が9月1日、8日、15日、22日の木曜日に来院されます。

その際、少数では有りますが施術を受け付けます。

料金は
30分2000円
60分4000円になります。

ご興味の有る方はご連絡下さい。

求人の募集をしています。

条件などはコチラに記載していますので、
一通り目を通して頂いた上で連絡して頂けると助かります。
質問なども承っておりますので、気軽にご連絡下さい。

海陽堂で、今後やりたい事。

ツーリング。
BBQ。
バトミントン。
テニス。
ヨガ。
スノボ。

興味ある方は一声かけて下さい。

数人集まったら、そこからはじめます。

-スタッフ佐々木。
-, ,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.