ブログ

イメージと違った?

投稿日:

新患さんに

ブログのイメージと違ったと言われました。

もっと怖いかと・・・。

:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

それは

誉め言葉って事で・・・。

これも良く言う事ですが

ダメな患者さん。

こう書きますと、思う事、受け取り方はマチマチです。

そして、これも良く言う事ですが

本当にダメな方と言うのは

ここで、全く、自分とは重ねません。

自分の事では無いと思うと思います。

だから繊細で傷つきやすい人は、このブログを読んで、悲しみを、受け取る必要は有りません。

常々対面されている方は解ると思いますし、言ってますが

私は

患者さんそれぞれに言葉を選び治療をします。

そして

その対応には心に嘘が無い。と言う事が前提です。

例えば、鬱の人に頑張れと言ってはいけない。と言うセオリーは皆さんご存知だと思います。

しかし

5年も

10年も

20年も

頑張らないままでは、自分の事を愛しようもありません。

問題は頑張り方です。

空回り禁止なだけです。

愛される頑張りが出来ているか?が、自分は問題に思います。

そして、愛される努力は必要かな?と

死にたい。

これも良く聞く言葉で

はじめから、どうこうは言いませんが

自分的に大事なのは

死ぬ覚悟より

生きる覚悟が大事だと自分は思います。

言い換えると、死にたい。は、上手く行かない。上手く出来ない。って心の声にも聞こえませんか?

これも、人それぞれ、経過が有りますから

アドバイスも人それぞれですが・・・。

そして、もう一つ。

世間で言う良い人。優しい人。

これと

良い医療者は別物です。

大病の方の基準に、そう言った点で、医療者を探す方が居ます。

が、その方は、その条件が災いして治らないのでは?と思ったりします。

社会不適合者。

性格が悪い。

ひどい先生だった。

もちろん、実際、そういう医療者もいる事でしょうが・・・。

医療者は、患者さんに、ひたすら優しければ、患者さんを、あっという間に、依存症のダメな人にしてしまいます。

これも当院で毎度言う事ですが、保険医療を第一義に選ぶ方って依存心が強いんです。

当院のように健康努力をした上で治療とは異なります。

自分ではストレッチなどの努力もしないで、揉まれに行く。

運動などもしないで、薬に頼る。

ストレッチが効かない患者さんとはわけが違います。

看護婦さんって、厳しい方も少なく無いですよね?

これってどこかで割り切って責任を全うする為に、嫌われ者にも徹する覚悟が有るからですよね?

リハビリの先生もしかり。

医療をサービス業と重ねているかたで、長々、状態が悪い方はヒントにして頂けると幸いです。

私も

本来、大病の方の、大病になる価値観には俄然厳しく言います。

よくあるパターンで言えば

みぞおちで脈が取れるぐらいドッコンドッコン言ってる方。

とても、周りの空気を読み。

もめごとも丸く収めたりする。

後々を考えて我慢が出来る。

そんな性分だったりします。

言ってしまえば、一般的に、非常に素晴らしく優れた方です。

しかし、それが原因で病気が進行する事が有ります。

こんな時、感情さん。言い換えれば、無邪気な頃の子供の声を開放する必要が有ります。

もめごとを避けて我慢するのでは無く。

空気を壊す貴方の発言は、私は嫌い。と言えば良いのです。

ここでのポイントは、その人全部を否定するのでは無く、問題は発言や言い方が嫌い。

である事です。

これは、特に、子供を持つ主婦に多いです。

子供を育て上げる為に

子供を守るために

目立ち過ぎないように

子供が攻撃されないように

母親は、子供がしっかりするまで、自我や感情を殺す事が多いです。

なので、子育てが一段落着いたら、自我の感情を出す努力が必要です。

言ってしまえば、高齢になるほどに自然とその流れが有ります。

私は、それが自然で

それで良いと思います。

好きな物事に好きと言い。

嫌いな物事に嫌いと言う。

それが、邪気が減る流れです。

もう、我慢して、後で愚痴る必要も無いんです。

それが、無邪気です。

みぞおちで脈がどこどこ打ってる方は

我慢しすぎてるかもしれません。

本心と別の事を言う。

大人の対応をする。

身を壊してすべきことでは無いのが治療家の意見です。

もう一つ厳しい事を言ってしまえば

本当に優しくても

胃の動積(みぞおちの脈)が無い人が居ます。

こう言った方を見てしまうと、もともと調和型の方は、そもそも人の考えに憤慨しない性分であったりする事がくみ取れます。

簡単に言ってしまうと

自分の意見や気持ちを言うが、他人に期待はしない。

その代り、他人に依存もしません。

相手に憤慨する。と言う事は

相手に期待している事でも有り。

愛している事でも有り。

時として、依存している事でも有ります。

後々まで自分が憤慨し、自分を壊すのが、本心を言わない方です。

それでも日本は経済社会と協調性を重んじる国です。

協調性が無い個人の選手が社会に出ると、意地悪をされます。

よくある話です。

時と、タイミングを考えて、自我を開放する事がオススメです。

そうしないと

あっという間に余命が来て、死んじゃいます。

その時に、後悔しない事を切に願います。

-ブログ

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.