スタッフ佐々木。

早めの治療をすすめるワケ。

投稿日:

おはようございます。
佐々木です。

症状を治すのに良いタイミングというのは、

やはり症状の出始め。

しかし大半の方が、症状が出てしばらく経った後、我慢した後に、

ちょっとヤバいかも?と思って治療しにやってきます。

で、そんな状態だと、元々気になってた症状が一つだったのに、

おまけ症状がポチポチとついていたりします。

このおまけ症状は一見関係なさそうなのですが、

意外と元の症状を放置していることで、

上流の流れがおかしくなってきて、下流で異変が起きている状態だったりするわけです。

元々の症状自体も下流、中流で出ているものが多く、

上流、つまり根本の原因の異常であることが多いのですが、

そこまで意識することなく日々を過ごされることが多く、

我慢できる痛みだったり、ちょっと張ってるだけだからと、

スルーされることもよくあります。

今ある症状が後々もう少し面倒なことがあるということを

少し意識してもらえると治療もしやすいのですが、

あんまりイメージも湧かないかと思いますので、

こんなのあるよー。っていうのだけお伝えさせて頂きます。

まず、頚と頭痛ですね。

これはよくある話だと思いますが、

実は一緒に胃の症状も出てくることもあります。

頚が締まることで迷走神経をシャットアウトして、

胃の働きを弱める。なんてこともあります。

また、頚→背中→腰と繋がっていくものですから、

これまた背中~腰の張りによって、胃の疲れは出やすくなりますのでご注意ください。

次に腰痛、坐骨神経痛からの腸の症状ですね。

これも同じように神経の障害によって腸の働きが狂いやすくなり、

男性なら下痢を起こし易くなり、

女性なら便秘を起こし易くなります。

もちろん逆もございます。

一部として紹介しましたが、胃や腸から頚や腰の症状が出ることもよくある話なので、

どちらにしろ早い段階がオススメです。

希望としては早めに治療来てほしいなぁと思いますが、

なんやかんや言いつつも、皆様ご多忙の中、時間を作って治療しにくるっていうのは、

中々大変なことですので、感心してたりします。

我慢も美徳な感じもしますが、何より大事なのは身体です。

仕事の効率や周りに心配を掛けることなども考えると、

早めに治す方が、実は効率的だったりするのではないのでしょうか。

-スタッフ佐々木。
-, , , , ,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.