ブログ

鍼灸で鬱や自律神経失調症が治る訳が無いというのはただの先入観。

投稿日:

鍼灸が、鬱や自律神経失調症に効く訳が無い。

と言うのは

それぞれ、何かしらの情報が潜在的に刷り込まれてできた結果形成される。

先入観です。

以下は、世界保健機構WHOが認める鍼灸適応疾患です。

マッサージはそれほどの効果が無いので認められていません。

ちなみに、保険が効き医療費が安い国では自殺が多いですが

医療が無料の国では、老人ですら自殺します。

保険が無い、医療費が自費の国では、自殺者は少ないです。

こう言った部分を考えて

世界基準を考えて頂ければ幸いです。

この国の定義として、効果が有るから保険医療では有りません。

経済、社会情勢、大人の事情によって保険医療は構成されています。

日本人の薬品の消費量は世界の8倍です。

更にMRIなどの高額な精密検査機器は、世界一保有しています。

アメリカ、中国の数分の1の国土のこの国が、世界一保有している現実をお考え頂ければ幸いです。

世界保健機構が認める鍼灸の適応疾患です。

※鍼灸師はピンキリです。三年で鍼灸の国家資格は取る事が出来ます。そして利益率が低い為に、たまに適当に鍼灸をする先生が大半ですが・・・。
鍼灸専門となりますと以下内容も対応します。

【神経系疾患】
◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
【運動器系疾患】
関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
【循環器系疾患】
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
【呼吸器系疾患】
気管支炎・喘息・風邪および予防
【消化器系疾患】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
【代謝内分秘系疾患】
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
【生殖、泌尿器系疾患】
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
【婦人科系疾患】
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
【耳鼻咽喉科系疾患】
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
【眼科系疾患】
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
【小児科疾患】
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善
上記疾患のうち「◎神経痛・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・◎腰痛」は、わが国においては、鍼灸の健康保険の適用が認められています。健康保険の手続きについては、「健康保険で鍼灸治療を受けられる病気とその手順について」でご説明致します。

そして、他の医療機関を自費として比較する感覚も大切です。

薬を貰うのに、一万円ぐらいの費用は本来かかってますので・・・。

それと鍼灸を世界基準で考えて下さいね(‐^▽^‐)

もし保険が無ければ・・・。

風邪で一万。

多めに出しておきますのでで一万。

とりあえず検査しましょうで一万。

で、治らなかったら怒りますよね?

でも、怒らない。

その理由は、安いから・・・。

でも、鍼灸も、少なくても、数回って感覚で、大病に変化は出ません。

薬も同じですよね?

一回で何が解るの?って感覚と同じです。

先入観の書き換え宜しくお願いします。

と言う事で

ヨロシク

メカドック!!

-ブログ

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.