スタッフ佐々木。

回らないのにまだやれちゃう。

投稿日:

こんにちは。
佐々木です。

しばらくぶりな患者さんがいらっしゃったのですが、

そろーりそろーりと腰が引けながら入ってきて、

パッと見、腰でもやったのかな?

と思いきや首が動かせないとのこと。

これはこれは・・・と思いながらも、

話を聞いてみると、

既にそんな状態で3日目でした。

それだけの状態でいながら仕事は休めないということで、

シッカリと夜遅くまで働いたようでした。

起き上がるのも一苦労で、痛みが恐くて首も満足に動かせない、

こんな状態でも頑張れちゃうのが、頚椎症の人の特徴でもあったりします。

我慢強い、やたらストイック、スケジュールがカツカツキツキツ、

故に身体を省みない、という感じの方がやたらと多い気がします。

動ける内、耐えられる痛みだったら我慢する、

これがスタンダードと言わんばかりの身体の使い方をするのですが、

今回の方はそれがボンッとイった感じでした。

痛い内はまだいいのですが、腕が痺れたりしだしたら大変です。

ここの線引きはかなり大きいのですが、そこまでは想像していなかったみたいで、

やはり頚は頚、腕や手との絡みとは別だと思われている方が多いのだなぁと再認識。

腕や手の神経というのは頚から出ていますから、関係モロありです。

そこまで想像してもらった上で、将来のことまで考えると、

ここで治してしまうのが得策だと思います。

むしろ、ここで治さないでいつ治すの?という話になる訳です。

ちょっと厳しく感じる方もいるかもしれませんが、

野放しにしておいたら、いつかヤラかす気がしてならないのです。

だったらここで治してって下さいって思うのです。

ということで、そんな感じの症状を我慢してる方がいるのであれば、

シッカリ治すことを考えて下さい。

首が回らなくなりそう、っていうのも本来アウトです。

そこは我慢するラインじゃありませんので、

もう少し自分の身体を大事に扱って下さい。

その身体で生きて行く訳ですから、

あちこちガタが来ると進み続けるのに効率が悪くなります。

ゆくゆくの事を考えて1アクション宜しくお願いします。

-スタッフ佐々木。
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.