ブログ

愛か?それとも毒ファミリーか?

投稿日:

近年、女性誌等々で「毒親」と言う物が取り上げられているようです。

検索すると、一杯でてきます。

これじゃ親御さんが可哀そう。と言う反面。

確かに・・・。

と言う点も多い。

支配欲の強い親って感じですかね・・・。

以前にも書きましたが

子供を

自律神経失調症、うつ、パニック障害、発達障害、適応障害、もう何でも良いのですが・・・。

この子供たちを治療するにあたって

親を治療すると非常に効果が有るが

基本的に、その親は、無知なまま、医師の診断処方には従属するが

鍼灸や東洋医学を決して受けようとはしない。

副作用も調べないままに、子供を薬漬けにして、悪化しても微塵もブレない。

それを何10年も続ける。

ウチの子はおかしい。

と被害者的なイメージを持つ。

僅かな可能性を調べ、東洋医学、鍼灸を経験する一部の家族が例外で非常に効果を発揮する。

そして、毒親だけでは無く。

コレは立場を変えて、旦那、妻、祖父母と色々なパターンが有ります。

実際、娘、孫、親戚、家族の大半がそうなっているご家庭も診た事が有ります。

まあまあ、東洋医学的には鬱が移ってる。

と考えたりもするが…。

おおよそ、家族を薬漬けにする黒幕的な方が居る事は良くあります。

金と力を信仰し、人数が多いを信じ。頭が良いが、感性が悪い。

頑なな権威主義の人です。

厄介なのは、科学的根拠とか言うが、実際、それほど科学も理解出来てない。

医学の根拠など理解出来て無いのです。

結果的に科学的根拠ってなんですか?

にちゃんとした答えなど無く、定義とか数字とか信憑性とか・・・。

で、家族が良くならない。苦しんでいても、自分を正当化する。

ただただ、数字と権力を過信する。

簡単に言いますと、コンピューターや機械的な科学は、1+1=2でも成り立つが…。

人体は自然物であって、森の木、川、海に

1+1=2と言う定義を作っても、仮説域を超えない事をご理解頂きたいです。

人体の生理学が20%しか理解されてない科学的根拠など、全てが仮説の域を超えないのです。

しかし、現代の医療は、理系?マニュアル暗記。なんだと思います。

お医者さんも含めて目の前の患者さんを

感性で診ようとはしません。

数字と画像、資料です。

患者さん自身を見ない、触らないんです。

それを信じている。

そんな物をどうやって信じるのか?と言えば、そもそもその人が、力を信仰しているからです。

お百姓さん、大工の方がよっぽど解ると思います。

またまた、根治的療法を考える心療内科の毒親の典型行動…。

もちろん、こういった事が原因で有れば、ココを解決する事なく、薬を与えてもエンドレスリピートなのです。

毒親の典型例。

⚪︎彼らは必ず子供に薬を飲ませるが自分が薬を飲む事はない。(精神薬など典型的)

⚪︎彼らは必ず自分たちの育て方は悪く無かったと言い張る(科学論に身をゆだねる)

⚪︎彼らは必ず自分たちの思いつきで薬を増やしたり減らしたりする(当事者の意見は無視)

⚪︎彼らは必ず子供より先に自分たちの主張を述べる(外来などでは典型的にみられる)

⚪︎彼らは必ず自分たちの子供に発達障害と言う病名をつける(ほかの病名であっても同じ)

⚪︎彼らは必ず起こった事象にしか興味を示さない(原因について一切考察をしない)

これは非常に極端ですが

たまに見かけますよね?

何となく、引きこもりのお家に出張に行ってた時を思い出します。

それでは今日も良き一日を!!

もう少ししたら陽気に上がりますが、しばらく皆さんも陰極にお付き合いください。

陰極は信念になりますので・・・。

信念が弱いとブレます。

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.