ブログ

テニスの患者さんとスポーツクラブの患者さん。

投稿日:

当院は、ありがたい事に、リアル口コミのご紹介が大半です。

その中で

テニスとジムの患者さんの話になりました。

大変失礼な話なのですが…。

ちょいアスリートとは別の世界観に思います。

経験と結果の流れで言いますと…。

誰かを治すと、その人の周りの方がどっと来て…。

数名の方が残り、治ってもメンテナンスで通い続ける。

そんな流れの繰り返しです(^_^)

8割がた一見さんです。

みたいな話を患者さんとしてました。

なので、あちらのテニスクラブとこちらのテニスクラブと、あちらのジムに通う方、こちらのジムに通う方。

あちこちの一部の方にご愛用頂いてます。

結果的にかなり上昇志向、コンペティターの方が、治療効果で考え。
※ちなみに大会に出てないコーチなどもコンペティター思考とは異なります。

なおかつ、人に流されないタイプだけが、残ります。

まあまあ、何が言いたいかと言いますと…。

コンペティターと

カルチャーは

意識?心身価値などが全然違います。

コンペティターは結果主義ですし。

カルチャーは楽しくです…。

コーチで言えばビジネスマンです。

コンペティターは、強い意志と自我が必要ですが…。

カルチャーでは、協調性が大切です。

なので、協調性が中心の方は、みんながどうしてるか?

みんなに何を言われるか?で行動しますから…。

結果で言えば

鍼灸は、マッサージの数倍、筋肉を緩める事が出来て、深層部まで緩める事ができます。

整骨院が普通。と言うのは、故障を本気で治す必要の無い方が多いと思いますし。

よく言うのは、そこにプロは通ってるのですか?って話です。

しかし、人数が多い。で言えば

整骨院やマッサージなどかもしれません。

錦織や伊達公子が鍼灸をする姿がブログやテレビで映されてますが…。

あのレベルの人達は特に、他者評価など意識してはいけないものだと思います。

ご紹介頂けると非常にありがたいのです。

もしかしたら、自我が弱いアスリートは難しく、海陽堂は合わないかもしれません…。

案外

カルチャーの方の方が気が強く。

コンペティターの方が謙虚であったりもします。

ざっくり言いますと、自己分析が過大評価も過小評価もしないです。

最後に鍼灸院の治療は、治療効果と言う点では、マッサージや整骨院痛み止めやシップなどと比較して・・・。

治療効果がもっとも高いと言われています。

そして、横の繋がり。たての繋がりで、トレーナーになる訳でも無い。

個人で営んでいる鍼灸師が治療効果が高いとも言われています。

しかし、この個人経営の鍼灸院に通う競技者は、かなり限られた人になります。

プロ、レベルの高い実業団、全国クラスのアマチュア。

そして多くが個人競技者。

もしくは、団体でも争いの厳しいポジション。

そして責任が重いポジションの方だけです。

言い訳が出来る競技。

誰かのせいに出来る競技。

では無く

結果は自分。

治療は治療効果。

と考えられる方にしか続きません。

少し厳しいのですが

折角のご紹介を無駄にしては申し訳ありませんので・・・。

少なくても、整骨院ばかりに通い、何分でいくらで、気持ち良さを、上手い。と判断している選手は・・・。

意識改革から必要ですが・・・。

得てして、それは、先祖代々、親も祖父母も、整骨院信者である事が多く容易ではありません。

それでも結果主義になれば自然と鍼灸は競技者が結果を出す為の武器にはなります。

カルチャーの選手はサービスと値段。

コンペティターは結果主義。

そんなもんだと思います。

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.