ブログ

竹前家の食費。

投稿日:

先日は、母親、妹、妻、娘、私で食事に行ったのですが・・・。

お会計が一万円で、少しのお釣りでした。

私からすると非常に高いのです。

大戸○なら四千円でお釣りが来た事でしょう。

今回は、父は居なかったのですが

母が、病気の根本の多くは食事と言う話を熱弁していました。

自然食のクリニックに父が勤め。

母もその勉強会に参加していました。

母は

スーパーに行っても

自然食品店に行っても

いつも私的に高額です。

そもそも大食な上、それなりの食材(無添加、有機野菜)などを選べばそうなります。

でも

家はボロ。
車もボロ。
服も気にしない。

で、そんな環境で育った私は、反発心からか?

恐らく病人になる人の思考と同じです。

消費社会とでも言いましょうか?

日本人的労働マインドコントロールとでも言いましょうか?

身体を壊してまで働き、借金やローン、物を買い続ける。

結果

物を得る為に、食費から削ります。

食費を削る事は、心身を削る事でも有ります。

家は古く、竹前家は、変人扱いされるような家庭でした。

でも、その評価は、価値観の違いだった事が解ってきました。

その実

父は、勉強会に何百万円?何千万?かもしれませんに投資して
母は、食事の質は落とさない。

多分、家も買えたでしょうし。
高級車にも乗れたのでしょう。

自然食のクリニックなどと言うのは、難病、奇病、終末医療などなど

多くの難しい症状の方が集まる場所でも有り。

父が

有る患者さんが若い時から、十数年も自然食を続けてきた話を聞き。

それだけ聞けば、どんな大変な状態だったかと思いますよね!と言ってました。

私は

そんな両親の思想の元。

肉は高校まで食べなかった。

よく、給食の話を聞かれるのですが・・・。

各個人に配膳されたら、口をつける前に鍋の所へ行き。

全ての肉を取り除いて食事をしてました。

牛乳も、私には配られない。

予防接種は、全て受けて居ない。

ちなみに、娘は自由にやらせてます。

少し可哀そうな気がするので・・・。

かと言って、私は、全然平気だったのですが…。

まあまあ

何が言いたいかと言いますと

そんな両親を見て居ますと

毎月の収入から、自分自身に投資できる思考が有る事って、非常に大切だな~と思いだしたのです。

そして、一見ビンボーに見える我が家も

モノを手放し個体や目に見えない部分を見ると…違うのかなって。

身一つで生まれたら。

終わる時も身一つ。

がっぷちイズムですね。

もう一つ、オマケで癌の勉強をしてたら、解って来たことが有ります。

細胞のその先の量子力学、素粒子等々のお話なのですが…。

強い指圧を好む方は、癌になりやすい。
のですが…。

我慢しすぎてもなりやすいのですが…。

すごくシンプルな事が有ります。

呼吸が浅く、時として息を停めてる。

と言う事で、身体や細胞は流れなくなり、つまるそうです。

お風呂での吐息~。
布団での吐息~。
腹式呼吸~。
ケタケタ笑う。

こんな呼吸をするだけで、細胞にゆとりと遊びが出来ます。

今日のありがたかった事は何でしょうか?

私はいろいろ有りすぎて書けません。

感謝です。

ありがとうございます。

ちなみに昨日も海行ってきました。

-ブログ
-,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.