スタッフ佐々木。

お灸の良さ

投稿日:

こんにちは。
佐々木です。

昨今、密かなお灸ブームが来ているようですが、

実際どう効くのか、何に効くのか、

ただブームに乗っかっているだけで中身をよく理解してない。

なんて方がもしかしたら多いのかも?と思った次第です。

お灸の良さ、鍼灸の良さっていうのを広く知っていただけるのはありがたい話です。

が、家でやるお灸というのは闇雲にやっても思ったような効果は得られないことが多いです。

そこで効果が得られないないから、鍼灸はやっても意味が無い、迷信だった。と思われるのはこちらとしては心外です。

まずお灸の種類と効果というもの知っていただきたいのですが、

お灸には有痕灸と無痕灸というものがあります。

痕が残るか残らないか、やけどの様なものをするかしないか、と考えてもらって結構です。

有痕灸といえば、昔はお仕置きでお灸を据える~なんて言ったものですが、

そのイメージが強いのか、お灸=熱いと思われる方もまだまだ多いです。

たしかに有痕灸自体は熱いことが多いです。

しかしこれ自体の効果としては免疫を上げる効果があります。

軽いやけどを起こす事によって、身体の防衛反応として免疫細胞(NK細胞等)が活発になります。

無痕灸は今流行ってるお灸の主流を担うものですが、

身近なものとしてせんねん灸等の台座灸が無痕灸としてよく挙げられます。

こういったものの効能として、まず副交感神経を優位にするというのが一番にあります。

それに伴って血流を上げます。

次に効果が得られない理由を挙げていきますが、

その一つとしてまず、自分の状態にあったツボを選択できていないというのが多いと思います。

大体の方がお灸の説明書に書いてあるツボや、症状を調べてやってみたりするのですが、

それらのツボは万能というわけではなく、また同じ症状に効くとされていても

原因が違えば効き方も違い、思ったような効果を得られない事が多いです。

更にもう一つ理由が挙げられるものとして、刺激量が少ないことです。

刺激量が少ないことは悪いことではありませんが、

少ないというのはそれだけシビアにツボを捉えないと効果を期待しづらいということだと思います。

指先とか骨が目印になるような所等、場所がココ!!と解るようなツボで有れば良いのですが、

肩、お腹、背中、腕、脚といったような、

平面の中から選ばなければならないというのは意外と難しいです。

よく説明書とかでも書かれている「合谷」という人差し指と親指の間のツボがありますが、

これだけ狭い部位でもちゃんと取穴するのは意外と難しいものなのです。

こういったことがあるので始めから自分で、というのは結構ハードルが高いです。

しかし、自己管理には非常に役立つものだと思っていますので是非利用していただきたいです。

とりあえず一回だけでものご近所の鍼灸院でも構いませんので治療を受けてみて、

普段のお灸をする上でのヒントやツボを教えてもらうとまた違うと思います。

もちろん海陽堂でもそういった要望があれば治療しながらでもお話したいと思います。

実際に触ってみないとその人に合った物はわかりませんからね。

-スタッフ佐々木。
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.