スタッフ佐々木。

昨日TVでやってた慢性痛の話。

投稿日:

おはようございます。

佐々木です。

 

GWも終わって普段通りの日常に戻っている方も多いかと思われますが、

 

いかがお過ごしでしょうか。

 

連休終わって早々天気が変わって寒くなっていますので、

 

体調を崩さないように暖かくしてお過ごし下さい。

 

 

前回はGW中はなんやかんやで腰とか故障しやすいという話をしたのですが、

 

やはり…といった感じで、少し故障が多かったように思えます。

 

途中少し肌寒い日もあったりしたので余計にだと思います。

 

故障は早い内に治した方が後々響かないで済みますので、

 

我慢せずに先手を打って頂ければと思います。

 

 

と、話は変わりまして、

 

昨日たまたま見たのですが、

 

「ためして◯ッテン」でやっていた、慢性痛の鍵は「側坐核」というもの、

 

面白かったですねー。

 

 

正にそれ!ガッテン!っていうことが多く、

 

痛みを取るという事に対してかなり前向きになれる内容だったかと思います。

 

 

昨日やっていた内容を簡単に説明すると、

 

目標を立てる事でそれが達成される時に痛みを感じなくなるという物なのですが、

 

痛みというのは部位に問題が無くても、

 

過去の痛みを記憶し、感じ続ける事もあるそうです。

 

その錯覚的に起きている痛みを脳の側坐核という部位が打ち消してくれるというものでした。

 

 

慢性痛の全てが錯覚という訳ではありませんが、

 

原因不明と言われているものの何割かはこれで解決するような気がします。

 

 

そして何が、正にそれ!って思ったのかというと、

 

目標を立てるということです。

 

故障などで来られる患者さんには、

 

「何をできるようにしたいですか?」という質問をすることがあります。

 

やはりこれが大事で、

 

その目標に対して何をしなくちゃいけないかとか考えるのもそうですが、

 

これ自体がそもそも自身のモチベーションに繋がり、

 

想像することでワクワクやらウキウキやら精神的にも良い状態を作るのだと思います。

 

 

心身如実はやはり基本的な部分ですので、

 

これを比較的楽に作るのがこの質問なんだなぁと

 

改めて気付かされた内容でした。

 

皆さんも何かを治すのなら、

 

目標を1、2個立ててみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

海陽堂鍼灸治療院

-スタッフ佐々木。
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.