ブログ

鍼灸院の通い方。

投稿日:

先日、鍼灸師の父と数十分では有るものの、久しぶりに話す事が出来ました。

親父の鍼灸院は30年以上ですから、やはりヒントも沢山あります。

そんな中で、鍼灸院の通い方のグラフが有りました。

もともと、症状があった人も

週に一回、鍼灸をすると健全で健やかに軽く頑張る事が日常的になる。

この方のグラフは上でキープされる。

健やかに、元気に頑張れる。

方や、痛くなったら鍼灸院に来られる方は

健全ではない事が前提。

痛み、苦しみ。

良い状態でも重さを抱えて生きている。

鍼灸院の患者さんは、そもそも、結果主義で、賢い方が多い。

なので、週一回、週二回と、健全で出来るタイプの方が普通にメンテナンスをする。

気が付けばこの2年、そういう方が増えて来ました。

みんな知らないんだから教えてあげるべきとの事。

副作用が有る訳でもなく、辞めたくなったらいつでも辞められる。

マッサージや薬のように依存性は無い。

先日も、脊柱管狭窄症の方がはじめての鍼灸に来院されました。

非常に難治性であり、症状の痛みも強く、精神衛生上、性格もキツクなる方も多いです。

で、脊柱管狭窄症ともなれば、良い事ばかりは言ってられないので、最近の脊柱管狭窄症の方の改善の流れを説明しました。

症状は、はいつくばって、動くレベルで、色々な治療をやりつくした方です。

最初は、週2回で、20回程度で、痛みは、違和感程度になっています。

現段階で2週間に一度は来院頂いてます。

今回の方も注射をされてのご来院でしたが、歩けているので、上記の方よりは軽度ですが、それ相応の覚悟が必要と思いました。

方や私の経験上、その状態を何年も続けている方は意外と多く居ます。

整骨院時代に良く見ました。

激痛で顔をゆがめながら、痛みだけどうにかして!
と来院されますが、痛みどめも効かない。注射も効かない。

それでも、保険が効くからと整骨院に通います。

それを何年も続けます。

と言う現実を知るのは、整骨院と鍼灸院両方の結果を知る者だけです。

色々な疾患に置いて、有るレベルから、それなりの治療や回数を必要とするレベルになり。

その辺のサービス要素の強い技術者では、場当たり的な事を繰り返すレベルが有ります。

客観的にみると、ここで判断を間違うと

何年も、激痛に顔をゆがめる日々が続き。

反面、数か月で、痛みを忘れる日々に変わる治療も有る。

頸椎ヘルニア、ストレートネックなども非常に似ているように感じます。

で、ある程度説明するんですが、色々な方の色々な常識にはばまれます。

けど、説明はすべきと言う親父の考えを受けまして、今日はご説明しておこうと思います。

週一回の治療は、人生の質を上げます。

-ブログ
-, , ,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.