ブログ

日々勉強。

投稿日:

中学生の卒業式。

先生が言ってましたね、「貴方達がする勉強は、机の上だけではありません、これから見る事、聞く事、全てが勉強です。」

結構、残ってます。

ヨガをしている人は「気づき」と言う言葉を良く耳にすると思います。

経験に基づく「気づき」を重要に考えます。

こうすると、体がこうなる。心が落ち着く。

机上の勉学も大事ですが、この経験に基ずく「気づき」もとても大切です。

経験にから学ぼうとしない人は、「なんで?」「どうして?」が多いそうです。

で、自分がそういうタイプな事に気がつきました。

ここをこうすれば、こうなると言う事だけでも良いんですよね。

自分は、そこを、現代の科学で証明してほしいんですね。

でも、証明する必要は無いんですね・・・。

科学は遅いんですから・・・。

昨夜は、ヨメが頭痛がしんどいのでどうにかして!

と言われ、鍼の無い治療をしました。

側頭部痛(コメカミ痛)

自分がまずしたのが、足の小指のマッサージを重点的にやりながらの足裏マッサージ。

これも頭痛の出る部位によるのですが、小指だけ激痛モードで、悶絶でしたね。

後、腕にアル肩コリのツボですね・・・。

ちょっと説明は難しいです。

イメージとしては後は気の引き下げですね。

頭痛はそもそも、気の登る症状でも有ります。

足の冷えや、顔ののぼせ、便秘、胃の不快感などなど、のぼり症状が出ます。

気の概念では、昇りっぱなしなので、下らせたる方が理想的です。

次に行ったのは、左がつらい頭痛で、右の首の念入りなストレッチです。

左ももちろんですが、右です。

しかも右前を念入りにです。

後、呼吸筋が固くなって、浅い呼吸をしているので大ききな腹式呼吸もさせました。

結果30分程度で軽減してました。

これが東洋医学的発想です。

更に鍼があれば、肝臓のツボや胆のう、胃の治療をしたと思います。

でも無いので、手のひらを、丹田に当ててました。

俗に言う、手当てですね。

重病人やがん患者さんなど、凄く弱っている時は、気持ちを込めて、温かい手で丹田や冷えてる所に手を当てるだけで、「気持ち良いー」と言ってくれる人は多いと思います。

虚弱である状態で有るほど、気の概念は解ります。

マッチョな健康体では、・・・・????で終わる事も有ります。

真心を込めれば、効果はゼロでは無いと思いますよ。

最近では、子供の病気の看病に手を当てない親も増えた気がしますが、自分はしんどい時に感じた親の手が記憶に有ります。

咳がひどいなら、胸に暖かい手を当ててあげる。首の付け根を手で暖めてあげる。

子供が寝れないなら、足の先やかかとが温まるように握ってあげる。

今は、うちも夫婦共稼ぎなので、看病にさける時間も減りましたが、親の手の力はある意味、薬よりも意味がある事が有ります。

薬は、原因の除去や解熱などなどですが、癒しまではくれません。

手は癒しをくれるんです。

気が向いたらやって見てください。

死にそうなほど苦しんでいる人を傍観するのでは無く、温かい手を差し上げるといいと思います。

近年では大きな病院でも、鍼灸や漢方など、東洋医学が患者さんに生かされる現状を嬉しく思います。

鍼灸を世に広める為に尽力されている同級生を見つけ、本当に尊敬しました。

そして、早く科学的にも、足の指と頭痛との関連も、日本で理解されると嬉しく思います。

ちなみに、アメリカ、中国、韓国は、その繋がりを認める所だと思います。

日本も、もうそろそろ、経験による気づきが増えてきたことを感じます。

佐々木先生の、効果を目の当たりにする度に学びが増えますね。

自分は、その場に立ち会うと言う経験から学びます。

痛い場所に刺さないでも、痛みは軽減していく。

自分もやりますけど、彼は又違う感性理論を持ちますから・・・。

お互いに煮詰めれば、流派による。
即効性の強さ根治性の強さ。

完全体なる流派が欲しいと感じます。

その痛みを取るのに、複数回かける必要は無いのでは?と言うのが、即効性のあるスポーツ鍼灸の考えになります。
しかし、根本が治癒しない以上、再発を繰り返すのでは?と言うのが東洋医学ですかね。

良く患者さんに質問を受けます。

どっちが良いのですか?

理想だけ言えば、根本の治癒です。
表面を取り除いても、再発は否めません。

お互いに一長一短有ります。

鍼灸の全身調整が保健医療になれば良いですよねーと患者さんと話しています。

先日も歩けないと言う膝痛の方が来院されました。

ヒアルロン酸も打てるだけ打ち、痛み止め注射はドクターもあんまり良く無いと言われ、激痛の足を引きずって来院。

2日目の今日、足は引きずっていませんでした。

それでも、根っこまで治したいと言われました。

回数券を買って頂きました。

なんで、治らない医療が保険で、足を引きずらないですむようになる医療が、保険では無いのか?なんて話をしました。

どうにか出来ませんかね?

鍼が癖になると言う方が居ますが、保険が効くようになれば、その言葉は消滅すると思います。

だって、それ言う多くの方は、保険の効くマッサージに癖以上に通い。薬を癖以上に飲むから・・・。

でも、保険が効くことで、今の保健医療の様な問題は必ず出てきますので、これも、一長一短ですね。

-ブログ
-,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.