マッサージ

ブログ

揉めば揉むほど硬くなる。

更新日:

さて、鍼灸を肯定していく中で、ついつい他の治療論への誹謗中傷的な内容になりがちなのですが、どうしても状態が悪い方は、その場しのぎの対処療法の薬やその場しのぎのマッサージ、電気治療、それが原因では?と思う事も事実多いのでご容赦下さい。

誹謗中傷したいのは、その場しのぎの治療論です。

鍼灸も技術者によってはその場しのぎの事も有りますし、
竹前もその場しのぎになってしまう事も有ります。

まあ、肯定する事はとても難しく、否定だけなら子供でも出来ます。
そんな幼稚な否定論の一つとして読み流して下さい。

信じ難い方には信じ難いかも知れませんが、こんな理論があります。

「筋肉(こり)は揉めば揉むほどに頑丈になって硬くなる。」

元オリンピック選手の話で、こんなに筋肉を潰す様な指圧をするのは日本ぐらいだ!

多くの高校生を鍼灸で治療するトレーナーも、強いマッサージを好む学生の筋肉は硬いと言います。

この様な話が有りました。

でも多くの患者さんが整骨院などで沢山集まる所で指圧を受けてる方は、そんな事有る訳無い。と思ってると思います。
もしコレを読まれている方が根治を求めているか、結果主義で肉体を向上させたいのでしたら、一読して頂く事をオススメします。

まず筋肉には細胞、毛細血管や神経が沢山走っています。

筋繊維

強い、マッサージ、指圧、整体などはこれら毛細血管や神経を破壊してしまいます。

受けた直後は、痛みの感じが鈍くなり治った感じや、動きが出ているが、何日かすると以前より硬くないですか?
そして、感覚器が鈍くなってしまっているので、次に受ける刺激は前回より強くないと感じません。

これはどんどん悪循環を続けます。

強揉み好きな、体の硬い人が出来上がります。

ここで強いマッサージを継続的に受けていた方が良く起こす症状を上げてみます。

◎高血圧 ◎ヘルニア ◎ぎっくり腰 ◎メニエール ◎頭痛 ◎のぼせ ◎冷え性などです。

基本的に筋肉が硬くなって血流も悪くなって起きる症状です。治療を受けすぎて、ほぐすはずが硬くなって可動域を小さくします。

知識をしっかり持った方が行えば強い刺激でも体を柔らかくすることは可能です。
こっている筋肉だけ揉むようなマッサージは体を硬くしがちです。

その点、鍼灸、運動療法等は体が柔らかくなっていきます。
鍼灸は筋をもみほぐすイメージとは異なり、虚血状態の筋肉に血液を集めるイメージなのでコリが勝手に血液を得て分解し硬くすることは有りません。

運動療法も眠っていた筋と神経をつなぎ合わせていく作業なので硬くなることはありません。
そして、鍼灸と運動療法は治療後、体の動きは良くなっていきます。

なのでリハビリや医療機関、オリンピックなどで多様されている理由です。

自分も側湾症なのでいろいろな治療院を回ったことがありますが、昔の整体とは、今の整体マッサージとは違い、リハビリの様なものでした。
雑然とした広間に、運動させられたり、ストレッチをかけられている人が沢山いました。

最近では、気持ち良さや接客や空間の評価が主流となり、技術者も気持ち良くすることがメインで治す人が減った気がします。

多くの人に気持ち良いマッサージをするのもプロフェショナルで感覚や技術の達人だと思います。

しかし私自身は、気持ち良さも必要ですが、治してほしい患者さんの期待にこたえられるよう
勉強と技術の向上に努力していこうと思います。

みなさんも、治療目的なのか?
それとも、サービスや快適性なのか?一度ご自身のお気持ちをご確認頂けたらと思います。

サービスも技術も両方求める気持ちもお察ししますが、基本的には反比例することが多いです。

皆さんに解りやすい例で例えると、
病院で行われる厳しいリハビリ治療を、サービス業主軸の満足感で行えば結果は出にくいです。

上手くモチベーションを高めるなどの考えは大切ですが、イエスマンになるという事は施術者として治す事を諦めることだったりもします。
自分の常識では達人の先生ほど、サービスや快適性の分、技術や知識などの治す事に力を注ぎます。

マッサージというのは、その場は気持ち良いかもしれませんが、難しい疾患は治りません。
しかも、潰れた筋繊維は鍼が効きにくい事が有ります。
強い指圧を受けていない、潰れていない筋繊維よりも、強い刺激を受け続けて来た筋肉は少し改善まで回数を要する事が有ります。

もう一つ、危険で尚且つ先々難易度が増すのがカイロプラティックです。
骨をボキボキ鳴らすやり方です。

これも一過性に関節を緩める利点が即効性を生み、人気だったりしますが、結合組織を伸ばす、形を繰り返す治療でも有ります。
簡単に言うと、関節が緩みやすくなり、後々ヘルニアなどの問題を発症します。

即効性のある治療を求めてボロボロな方をたまに見受けますが、鍼灸に置いても即効性は、リスクが基本です。
本質的に根本から改善するには、地道で安全な治療がおススメです。

時間や金銭などの問題も有ると思いますが、費用対効果は先々を考えると、その場しのぎや、即効性のリスクより、地道に作りあげた心身の方がお金も時間もかからない傾向かと思いますので、よろしくお願い致します。

ちなみに、揉み全てがアウトでは有りません。

カイロ、整体、などの民間資格、無資格(国家資格ではないもの)でも達人はいますが、誰でも出来てしまう性質上、その分母と分子の差はもっとも大きな差になります。
簡単に言うと、大多数の方が達人とは縁がないはずです。

少なからず一時間2980円の場に達人が居る可能性は0とは言いませんが、限りなく、0に近いと思います。
しかし、それが流行っている。店が増えている事が現実です。

後、上記の事を理解した上で揉む様な方で有れば、少なからず筋繊維の破壊はされないと思います。
その代わり、もっと強く揉んで!!と言ってもイエスマンではないと思います。

竹前独自の否定論ですし、感性の世界ですから異論は認めます。

ただ竹前は、ガチガチに揉まれ破壊された筋繊維を元の柔らかい筋繊維に戻すことに四苦八苦しながら治療しながら感じた事です。

ちなみに足ツボも筋繊維を破壊することが有ります。
臓器に繋がる流れを持つツボを破壊することは、気の流れを考えるものとして好ましくは有りません。
ある意味、病気や不調の原因にもなると思います。

背中であれ、足であれ、臓器に繋がるツボを力づくで筋繊維を破壊し、後々硬くなる、不調になる、患者さんの自覚無しに・・・。

つながりを理解してもらうための解りやすい例として、
婦人科系、生理が重い、子宮筋腫、のう胞、そのような症状が有る方は、開脚が硬いです。

その流れを潰されると悪くなりますよね?
そんな感じです。
それを理解している技術者と、関係ないと思っている技術者では異なる結果になると思います。

ここまで来てなんですが、足ツボは副交感神経を優位にし(中から修復する)、足から臓器に滞りを促せるのでおススメです。

という事でよろしくお願いします。
ではでは。

その場しのぎではなく、本気で治したい方の参考になれば幸いです。

-ブログ

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.