スタッフ佐々木。

デスクワークの悪さ。

投稿日:

おはようございます。

佐々木です。
 
ちょっと訳あってデスクワークがここ最近多かったのですが、
 
やはり身体に悪いということをヒシヒシと感じます。
 
まず真っ先に影響するのが肩。
 
次に頚。そして目。更になんやかんやで腰。そのあとケツ。
 
こんな具合に上から下までもれなく疲労感が出ます。
 
 
肩がかったるい内はまだ良いんです。
 
段々頚がビキビキになってきて、
 
顎を引くマッケンジー体操をしながらのデスクワーク。
 
 
これで緩めるというか、硬めないようにしてても、
 
今度は目がジーンとしてきて、
 
目が少しでも楽になるようなツボを刺激しながらのデスクワーク。
 
 
多少ジーンとする感じが無くなってきたと思えば、
 
腰がガシッと硬くなっているので、
 
一度立ち上がってウロウロ、クネクネして少し緩めて着席、デスクワーク。
 
 
まだイケるなぁ、なんて考えてると、
 
ケツから脚にかけて痛くなってくるので、
 
再び立ち上がってケツをトントン叩いて、更にストレッチ、着席、デスクワーク。
 
 
いやー当たり前だけども身体に悪いですよね。
 
身体を使い過ぎるのも問題ですが、ここまで使わないのもやはり問題です。
 
ただ逆に感じれることもあって、
 
これだけ色々疲労感が出ても、帰り道10分ぐらい歩くだけで、
 
痛みやら硬さは半分位にはなりますので、
 
如何に歩く事が大切か身に沁みる瞬間でもあったりします。
 
本当はもっと歩くのがベストではあるのですが、
 
帰ってご飯食べたい!が優先されてしまうただの食いしん坊なもので、
 
なかなか実行されません。
 
 
その上猫が途中に居たりなんかすると無駄に時間を使ってしまい、
 
気付いた頃には早く帰らねば!となってしまいます。
 
何の話をしてるんでしょうか。忘れて下さい。
 
 
とりあえず言いたい事としては、
 
世の中のお仕事でデスクワークはかなり多いですが、
 
思っている以上に身体には悪いです。
 
これが当たり前で何も感じないような身体は正直マズいと思います。
 
少しでも動かせる時に動かせるように意識をしてあげて下さい。
 
 
 
 
 

-スタッフ佐々木。
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.