スタッフ佐々木。

その痛みは本当にヘルニアのせいなのか。

投稿日:

おはようございます。

佐々木です。

 

頚が痛かったり、腰が痛かったりという症状は

 

こういう業界だと当たり前のように見る症状ですので物珍しさはないのですが、

 

今までそういう症状とは無縁だった方からすると、

 

何だコレは!

 

となる事もあるかと思います。

 

初心にかえる意味も含めて、少し基本に立ち返りたいと思います。

 

 

まず頚や腰の痛みの原因で調べると出てくるであろう物の一つが椎間板です。

 

背骨一個一個の間に緩衝材として挟まっている椎間板ですが、

 

強い圧力が掛かったり、擦り減って薄くなったりして、

 

椎間の隙間が狭くなってしまったり、

 

椎間板が飛び出してヘルニアと呼ばれる様なものになったりして

 

脇から出る神経を刺激して痛みや痺れといったものを発症します。

 

 

椎間板が原因で、痛みや痺れが出ているという方は相当数いる。

 

…とされています。

 

実は…という話もあるのですが…

 

 

一般的にはヘルニアというものは、

 

自然には治らず、治すのであれば手術が必要だと言われたりします。

 

手術が嫌ならそれ以上悪くならないように何とか保ってね。

 

っていうのがお医者さんの考えになるのですが、

 

ところがぎっちょんちょんな訳です。

 

この椎間板の異常というのが本当に痛み等の原因となっているのか考えた人がいます。

 

 

そもそもこの椎間板に着目された理由が、

 

痛みを抱えている人達のレントゲンの多くが椎間板に異常を来しているというだけなんです。

 

これを聞くとそれならそれで原因として成立しているんじゃないの?

 

と思うかもしれませんが、

 

それだけでは原因かどうかは解らない訳です。少し急いた考え方とも言えます。

 

というのも、では痛みとか感じずに日々生活している方は皆椎間板が正常なのか?

 

という部分が抜けている訳です。

 

結果としては、痛みとかを感じていない正常と思われる人達も同様に椎間板に異常を来している人が多かったんですね。

 

つまり椎間板が損傷、変形しているから痛みが出ているというのが少しおかしな話になってくる訳です。

 

 

たしかにそれが悪さをしている事もあります。

 

実際に手術をして、一時的でも痛みがなくなる方はいらっしゃいます。

 

ただ逆に手術をして痛みが無くならない方も同様にいらっしゃいます。

 

これを考えると本当に椎間板が原因かどうかというのは実は判断が難しいのではないかと思います。

 

海陽堂でも明らかに背骨変だけど、と思うけど痛みなんかは特に無いっていう方はいらっしゃいます。

 

原因が解っているようで実は解っていないのが椎間板由来の痛みや痺れなんですね。

 

 

また、ヘルニアと診断され治療に来る方がいますが、

 

手術しかないと言われて、鍼灸で治っている方が普通にいます。

 

じゃあヘルニアってなんなの?って感じになりますよね。

 

 

現代医学的に言えば本来あるべき所から飛び出ている状態をヘルニアと言い、

 

それが場所によって○○ヘルニアとなり、飛び出る物も変わってくるというものです。

 

今回の話で言えば頚椎ヘルニアとか腰椎ヘルニアって言ったりします。

 

初めの方でも伝えた通り、椎間板の中の髄核というものが飛び出て、神経を圧迫して痛みが出る。

 

それで終わりです。

 

 

では今お話した事を加味した上で考えると何なのか、

 

正直に言えばよく解りません。

 

病名というのはある程度都合良く付けられている物もありますので、

 

こうやって言えばある程度納得してくれる、というのもきっとあるのだと思います。

 

本当にヘルニアと言えるものがどれくらいなのか解りませんが、

 

半分くらいはヘルニアとはまた違ったものが原因で痛みを発症しているのだと思います。

 

 

例えばありきたりな所でいけば筋肉とか。

 

血管や神経もその原因となり得ますが、圧迫するものが違ったり、

 

そもそも圧迫とかではなく、炎症や、もっと内部や中枢の話かもしれません。

 

それは診てみない事には何とも言えませんが、

 

手術が必要な物はほとんどない様に思えます。

 

 

筋肉を緩めるだけでも痛みが抜けたり、

 

血流が改善されていく程に動きが良くなったり、

 

そういう事例がいくつもありますので、

 

ヘルニアと言われている方は、手術の前に何か一つ足掻いてみるのがオススメです。

 

最近でこそリスクの少ない手術が出来るようになってきましたが、

 

それでもせずに済むのであれば、それに越した事はないはずです。

 

 

元々のお題からかなりピンポイントな話になってしまいましたが、

 

痛みの原因というのは、今回の椎間板由来のもの以外にもいくつものパターンがありますので、

 

放って置く事はせずに動作の確認をしたり、自身の普段の姿勢とか痛みが出るタイミングを思い返してみたり、

 

少し自覚を持って頂いて、こう動くと痛いとか、この姿勢の後動くと痛いとか、

 

そういう事がある程度把握出来ていると、治療の際も原因の特定がかなり楽になりますので是非意識してみて下さい。

 

 

明日、9/16(日)は海陽堂がお休みとなります。

 

ご不便お掛けしますが宜しくお願い致します。

 

明後日、9/17(月)は自分も出勤致しますので、予約が多少取りやすくなっております。

 

合わせて宜しくお願い致します。

 

 

 

海陽堂鍼灸治療院

-スタッフ佐々木。
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.