スタッフ佐々木。

冷えに対しても「継続は力なり」

投稿日:2018年1月18日 更新日:

おはようございます。
佐々木です。

朝の通勤が寒くてシンドい今日この頃ですがいかがお過ごしでしょうか。

冷えは大敵と言いつつも、

ガンガンに冷やしていてどの口が言うのかって感じになっておりますが気にせず行こうかと思います。

いや、本当は駄目なんですけどね。

それはさて置いて、冷えというのは感じ方が人それぞれだったりします。

冷えてるという自覚がある人もいれば、自覚のない人もいらっしゃいます。

どちらが悪いってもんでもないとは思うのですが、

自覚がある方がまだ改善しようと思える分マシなのかな?と思います。

ただ、実際に冷えを治すとなるとなかなか大変なのが正直な所です。

まず第一に冷やさない。

スースーするような恰好を避けたり、部屋を暖かくしたりですかね。

部屋で厚着をするという方もいますが、

空気が冷たければ吸った空気で体の中から冷えますので実は微妙です。

室内に居るのであれば、ちゃんと部屋ごと暖めて頂きたいのです。

肺に冷たい空気が入ってくれば、それだけで肺の動きが悪くなり、

体の巡りが悪くなってしまいます。

肺の動きが悪くなれば腎に負担が掛かり、水分などで冷えやすい状態になってしまいます。

動いていればそういう事も少ないのですが、

室内で動いているという状況はあまりないと思いますので、

そういう意味でも暖めて頂きたいのです。

次に運動する事。

やはり運動などで代謝を上げるのは冷えを気にする上では大事だと思います。

冷えているというのはまず体の隅々まで血液が行き届いていないというのがあると思います。

運動をする事によって筋肉を使えば、心臓は勢い良く血液を送ってくれます。

それだけでも普段血流が悪いところにも行き届きやすくはなりますが、

筋肉自体も滞っている血液を圧し出して、循環を促してくれます。

滞っている血液というのは基本的に重たく粘性が高くなりますので、

そのままにしておくと冷えの本になってしまうのです。

運動してみて手足が温まる感覚があるのであれば、

それを習慣付けられればそれだけで冷えの解消が見込めるかと思います。

そしてもう一つが食生活です。

この辺は散々触れてきた所ですが、身体を作るのは食べ物です。

食べる物の良し悪しで身体の良し悪しは変わってきます。

内臓の働きなどを妨げる事なく元気に過ごすにはやはり気にして頂きたい部分になります。

特に今のご時世気を付けて頂きたいのは甘いものです。

昔であれば糖分というのはそこまで大量に摂れるものではなく、

自然と良い塩梅で身体に良い影響を与えていたのでしょうが、

今はそうではありません。

簡単に悪影響を与えるだけの糖分が摂れてしまいますので、

基本的には控えるという考えで生活して頂かないとなりません。

お砂糖は陰性の食べ物と言われ体を冷やす作用が非常に高いものです。

胃への負担も大きく、自律神経などを乱すのに一役買ってしまいます。

自律神経が乱れれば血流障害なども起きやすくなりますので

結果的に冷える体質となってしまいます。

色々試してみてダメだったという方は、

意外と食生活という面を考えていない場合がありますので、

少し考え直して頂ければと思います。

こんな具合にやる事は基本的にはシンプルな事だったりするのですが、

継続していくとなると負担やストレスになるという人もいらっしゃるかと思います。

運動するのにも今は寒いですし、甘いものはやめられない!という方もいらっしゃるでしょう。

ただ、それ以上に冷えをとる事で得られる恩恵というのは大きいものです。

手足が温まるだけで色んな面でゆとりが持て、性格だって変わるといっても過言では無いと思っています。

利点を上げるとキリがありません。

それぐらい冷えひとつで違うものです。

何事も「継続は力なり」といった所でしょうか。

やれば変わる、やり続ければ力になるというわけです。

今でこそ冷えの重要性が理解されてきましたが、

鍼灸などの東洋医学では元々重要視されているもので、

なんならそれが全てぐらいな考えの治療院もあったりしますので、

そんな事からもどれだけ大事かが伝わるかと思います。

鍼灸だけでも違いを感じれたりしますので、

冷えが気になっている方は是非鍼灸をお試し下さい。

ちなみに鍼灸も正直言うと「継続は力なり」なんですよ。

失礼致しました。

海陽堂鍼灸治療院

-スタッフ佐々木。
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.