スタッフ佐々木。

秋だから肺。その先。

投稿日:

おはようございます。
佐々木です。

五行で秋は金。

金は臓器で肺。

肺が冷えるとどうなんの?

っていうのを今回は書いておこうかと思います。

肺というのは皆様ご存知の通り呼吸で使う部分ですが、

これは東洋医学でも同じです。

更に外気から得られるエネルギーを全身に回すのと一緒に、

食べ物から得たエネルギーも一緒に回して、

水分も同じように回します。

要は呼吸によって身体の循環を促しているような感じになります。

ついでですが、循環ということでもう一つ循環させず内臓がありますね。

心臓です。

心臓は血液を循環させる訳ですが、実は肺の影響を受ける臓器だったりします。

何故って言われると、臓器の位置関係を考えて頂ければ分かるかと思います。

心臓というのは肺に包まれているので、それだけで影響があることが考えられると思います。

肺に冷えが入り込んで、それが深~く入り込めば心臓まで影響が出ます。

具体的に言えば、心臓の力が落ちるので冷えやすくなります。

腕は張ります。背中は痛くなります。まあ頚も?鳩尾がキュッとなるかも。

心臓もキュッと。

少し言い過ぎましたね。多少は・・・ぐらいな感じでお願いします。

これは冷えが深まって、心臓にもまで達した場合ですが、

軽めだとどうなるのかって話です。

軽めってことは肺自体の症状になるのですが、

よくある症状としては、

肌が乾燥したり、喉が渇きやすくなったり、痩せちゃったり、

肺なので風邪のような症状も出ます。

咳が出たり、熱が出たり、鼻水が出たりしますが、何も内科症状だけではありません。

痛みや張りといったものも出てきます。

経絡の流れから腕の付け根の内側、

要は胸の辺りから、親指の方へ行くラインが突っ張ったり、痛みが出たりします。

もちろん親指自体も症状がでます。

そしてもう一つ。

この裏で大腸経というのにも症状が出易くなります。

これも親指、人差し指に影響が出て、肩こりや歯痛などが出たりします。

肺が冷えるだけでも実は肩こりや腕痛といったものに繋がります。

甘く見られてしまっては困ります。

ということで、一つの症状を治すのにも原因となるものは様々あるので、

痛いから痛みだけ取ればOKというのは、愚策と言っても過言ではありません。

アウターもインナーも内臓も精神もどれも欠かす事の出来ない大事なものですので、

どれかに偏らずに上手く治すことを意識して頂けるとGoodかと思います。

-スタッフ佐々木。
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.