スタッフ佐々木。

手足の冷えが良く解る季節。

投稿日:

おはようございます。
佐々木です

気が上り易い時期という話をここ最近していましたが、

上に集まるということは下はスカスカになってしまうということになります。

下がスカスカというのは身体でいうのならば、

足への血流などが少なくなっているということになります。

つまるところ冷えている状態になるということなんです。

ただ単純に冷えやすいかと言えばそういう訳でもありません。

身体の中の循環自体は冬よりも活発な為、

冷えが抜ける人も沢山いるかと思います。

そんな季節でもあるにも関わらず冷えているというのが問題なんです。

このタイミングで冷えるということは、

春の気に中てられて逆上せてしまっているのか、

はたまた年間通して逆上せてしまう体調なのか、

それか、腰や股関節、脚などに故障があるのか、

何にせよ何か原因があると思って然るべきだと思います。

冷え性だからしょうがないというわけではなく、

ここで冷えに対しての意識を少し変えて貰えると、

冷え性以外の症状に対して実はアプローチが利いたりします。

ここ最近の話で言えば肩こりなんかもその一つだったりする訳です。

色んなモノが上に集まっているせいで頭や肩が重いとなっていれば、

足の冷えなどを意識して治そうとしていれば

変な話、勝手に肩こりや頭痛なんかは引いていくかと思います。

冬とは違い、春以降は冷えより温まる傾向の方が強いはずなので、

足が冷えているのは冬まで。

冬に冷えているのは百歩譲ってアリだとしても、

春の冷えはナシなんです。

というか本来なら勝手に抜けてくるはずなので、

年中冷たい人は気を遣って頂きたいです。

冷えは未病と言いますが、

未病は病気に片脚突っ込んだ状態で、

病気では無い状態、手前の状態だと考えられています。

しかし、広義な意味で見ればそれも立派な病気なのではと自分は考えます。

冷えで済むならそれでいいのですが、

その先の病になる前に、冷えの時点で手を打って頂くのが施術者としての本音でございます。

実際は冷えで済んでると思っていても、

既に何かしらがおかしくなっていることも少なくないので、

そういう部分の確認がてらというので

1000円治療、アリアリだと思います。

-スタッフ佐々木。
-,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.