スタッフ佐々木。

症状による性格の変化。

投稿日:

おはようございます。
佐々木です。

人の身体というのは心身如実で、

精神が身体に及ぼす影響は大きいのですが、

逆も然りで、身体が精神に及ぼす影響も同じ様に大きいものになります。

つまりどちらも健全であることが真の健康と言えるのですが、

今のご時世、中々どちらも健全と言う訳にいかないのが正直なところです。

そんな中でもなんとか上手くやっていくには、

具体的にどんな影響があるのかを、ご自身や周りが知っている事が大事になってくるかと思います。

そこで今回は身体が精神に及ぼす影響について少しお話させて頂ければと思います。

精神って言っちゃうと、うつとかパニック障害とか、

そういうものを連想してしまう方がいるかと思いますが、

今回はそういうものとは違くて、もっとシンプルに

性格が変わるということを知って頂ければと思います。

身体の状態によって精神的な病気になり易くなるのも間違いではないのですが、

それよりかは目に見えて分かる部分に触れていきます。

症状によって性格が変わるいう話を知っている方、もしくは薄々感じている方、

自覚がある方もいらっしゃるかと思います。

それほどまでに変わるものなのかと言われると、

気付かない人もいるかな?ぐらいな感じの場合もあれば、

明らかに。っていう場合もあります。

例えば代表的なものでいうと頚椎症なんかがこちらからすると顕著なイメージがあります。

気を悪くされてしまったら申し訳ないのですが、

基本的に短気な傾向が有る気がします。

短気というとキレやすいというような感じがしますが、

そういうことだけではなく、

仕事や予定を詰め込めるだけ詰め込み、

自分の身体は二の次。

空いてる時間で更に何かしようとしたり、

治療をするにあたっても空いてる時間でどうにかしようとする。

できるだけ早く出来るものを好むようになり、

一つ一つの行動が短くなっていきます。

簡単な話、肩に力が入っていて、

常に戦闘モードなんです。

周りから見ると性格がキツくなったように思われがちです。

症状によって本来のその人の良さが失われることも考えられます。

これでは勿体無い。

じゃあ本来の姿に戻りましょうか。

と自分なら思ってしまうのですが、皆さんは思いませんか?

出来るか出来ないか言えば出来ます。

シンプルに症状から性格が出来上がっているのなら、

症状を改善させれば元に戻っていきます。

性格を、と考えるより、症状を、と考えた方が、

変えることはずっと容易だと思います。

他にも糖尿病や肝臓病症、腰痛などでも同じように性格や感情が乱れますので、

少しおかしいなと思うことがあれば、

一度「症状」の改善を考えてみてはいかがでしょうか。

-スタッフ佐々木。
-, , , ,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.