ブログ

病気とネット検索。

投稿日:

治療法や

治し方をネットで検索する上で注意して欲しい事があります。
インターネットの性格上。
検索して上位に入るのはテレビと同じように、お金を払って上位になる。
もしくは、ブログのように更新する頻度が高い事で、上位になる傾向があります。
ネットの上位とは
検索した際に
1ページ目とか
2ページ目の事です。
例えば、鬱病、治療法と検索すると
基本的に利害関係の強い薬品メーカーやら
病院等々が上位を占めます。
もしくは、その企業が裏で管理するコミニティーやブログやサイトです。
そして、ココが皆さんにもっとも理解して頂きたい事です。
検索した情報は全てでは無い事と
治った人より。
治らない人たちのSNS、コミニティーが、上位を占めます。
何故かと言うと
いろいろな理由がありますが
一つが
治らない人ほど必死に更新します。
病名と苦痛を更新します。
一方で治った人は、その病名について書いて更新しないです。
鬱病でも
リュウマチでも
側弯症もです。
病とは、ある意味、残酷な部分もあります。
苦しんでる時は、助けを求め、誰かにすがりたい気持ちで一杯になりがちですが…。  
世間は、ご本人も含めそれほど親切ではありません。
改善したら
良かった。やったぜ!
で終わりです。
多くは、病名について更新もしないで
良くても、一回更新して
忘れてしまうのです。
世のため人のため
反対勢力に攻撃されながら
ボランティアでも、治し方を広めたい。
と思う人も居ますが、多くはありません。
私も含め、全て、自分の為に広め。
他人は、あくまでも二の次なんです。
表面だけそういう方も居ますが…。
見えないところでそこまで親切な人はそれほど多くは無いのです。
で、結果ネット検索する皆さんの意識に何が起こるのか?
ネット検索して、なんでも解る。
と思ってる方は特に
この疾患は
治らない。
と思い込んでしまうのです。
治ってる人はいる。
けど
そう言う人は、ネット上位には出てこない。
と言うか見つからない。
上位は、利害関係のサイトと
治らない人の苦痛でごった返し。
それを鵜呑みにしてます。
それを確信的に潜在意識まで、ガッツリ擦り込んでしまうのです。
そして、そう言う友達同士で納得してしまいます。
あー、治らないんだ~。
もしくは
病院に行け。
医師に従え。
薬を飲め。
薬を辞めるな。
飲み出したら辞めどきなどない薬。
その病気は治らない。
終わりなき治療法を、信じてまう方を良く見ます。
ある意味、普通。
と言って良いぐらいの数だと思いますが…。
ただ、普通が正しいとは限りません。
非常識な事が正しい事も山ほどあります。
整骨院は捻挫や打撲などの怪我を治すための勉強をした先生が、保険を使って開業出来る資格です。
非常に人気のある資格ですが…。
そこでは、根治などほとんど無く、慢性腰痛は慢性腰痛のままです。
肩こりも慢性肩こりのままです。
神経痛も治りません。
何故かと言うと
捻挫とコリは別物で
コリなら
本来なら保険の適応外だからです。
でも
人数が多いのは?
普通は?
どうでしょう?
皆さんの周りにはそう言う方が沢山居るのでは?
無資格マッサージも同じです。
無資格である以上、治療行為ではありません。
しかし、それを普通と考えてるかたはどうでしょう?
そう言う方に、鍼灸が良いと言うとどうでしょう?
鍼灸は
国家資格で医業であり。
医師の同意は必要ですが…。
肩こりからくる各症状。
神経痛。
腰痛。
鍼灸の保険の適応の疾患です。
ピークの選手は、初動負荷、古武術、ヨガ、玄米菜食、非常識な事を取り入れたりします。
選手の中には
病院は検査機関なだけで、根本的な治療行為をする場所では無いと言う選手も居ます。
私も、そうだと思います。
普通は、あくまでも普通です。
それは、決して、上等なことでは無いのです。
上等な事は、だいたいにおいて非常識な場合が多いです。
もう一つの非常識は下等な事が多いです。
話が逸れました。
ネットはネットでしかありません。
ネットの情報は、表だけ信じるには、実際はチープなモノです。
皆さんの専門分野を検索すれば解ると思います。
上位を占めるモノは信用に値するモノばかりでしょうか?
医療も同じです。
頚椎ヘルニアも
坐骨神経痛も
一見わかりやすく信憑性もある感じの
治らない方法の方が上位を占めてます。
利益の高いビジネスが上手い人が上位を占めてます。

< div>

それは、本当に治す人だったり。
優れた技術者とは異なる事が多いです。
ネットは、そう言う特性があることを知っておきましょう。
そして、本当に良い情報と言うものは手軽には手に入りません。
例えば、医学の本は一冊。
一万円前後だったり。
そんな情報が、無料検索して見つかりはしません。
重要なデータベースなどは、ネットに公開される事はありません。
後、ネットでの質問に回答している方々も、優れた人が回答している印象はありません。
当院にも、そう言うサイトからの回答しませんか?と言う案内が届きますが…。
回答しません。
回答してる方の多くは
ダメダメに見えるからです。
少なくても、回答してる施術者側のなかに優れたハイレベルな治療家が回答してる事は、皆無でしょう。
後、口コミ。
面白い事ですが、私の知る達人や名人のネット口コミはほとんど0です。
一方で、出来て一年目や二年目の鍼灸院が、口コミNo.1なんて書かれてたりします。
40年ガンやリュウマチを治した鍼灸院が口コミされる事はありません。
が、一方で、治療家が見て、ん?と思うほうが口コミを集めたりもします。
もっとぶっちゃけて言えば
口コミは、嘘も多いです。
昔勤めてたマッサージや整骨院の口コミをスタッフが書かされた事がありますからね…。
本当に良いモノは
広めたくない。
教えたくない。
と内心思ってしまうのも人の心理かと思います。
ネットとは、こういう特性がありますので
病気や症状を検索する際の参考にしていただけたらと思います。
とある馬橋の鍼灸院が、私の数年後に開業して、今は、ありません。
検索すると、ヤフー知恵袋でオススメとして出てくるかもしれません。
非常に残念ですが…。
何十年も鍼灸をされてる方が大勢いる中で
新参の鍼灸師が
知恵袋でオススメであることがおかしい。と思います。
でも
ネットの世界に限らず。
そう言うモンだと思います。
病む人の中には
めっぽう。お人好しも多いと思います。
どんな人って
テレホンショピングで、買い物しちゃう方です。
ダメよ~~。
ダメダメ。
情報より
その目で見て、感じて、聞くことがもっとも大切な事です。
情報は
文字列より
一冊の本より
感じることの情報の方が、はるかに多いですから。
ついでに、近年、20代の患者さんが増えてます。
その親の世代を
一部、毒親世代とも言います。
親世代の気が強すぎて子供を萎縮させる。
それでいて、子供が病気になった引きこもりになったと、被害者になる。
イジケはするが反省はしない。
好戦的。
学歴を信じて疑わない。
権威主義。
唯物論者(理系)
風邪などの簡単な疾患でも看病方法を知らず薬漬けにする。
子育て中に、自律神経を親が育む意識が無かった。
ネットの情報を鵜呑みにする。
もちろん、東洋医学や鍼灸とも無縁。
お気づきの方も多いと思いますが
世の中で流行るワードにも関わりのある方々です。
ゆとり教育。
モンスターペアレンツ。
クレーマー。
ブラック企業。
こう言うワードと、我が子が似たような環境にいた方の親です。
そして
親が悪いと言うよりも、時代が悪かったかもしれません。
ちなみに、先行しているだけで
我々の世代も、今のまま行けば、子供を苦しめ、病気にする毒親世代でもあります。
もちろん、全てとは言いません。
一部です。
治療する側からすれば
若者の病気。
向精神薬の流行。
整骨院の流行。
無資格マッサージの流行。
知らない人も多いでしょうが、整骨院で不正請求をする事が当たり前になったのは、20年ほど前からです。
それまでは、整骨院は、捻挫や打撲をしっかり治す先生がお一人でやってる事が多かったんです。
もちろん
子供が苦しんでると言う事は
親も苦しんでる。と言う事でもあります。
長々お読みいただきありがとうございます。
昨日は、繊細に突き詰めてる方々の楽しい治療の連続だったのですが。
今日の内容は書き溜めたものなので
重苦しい内容ですが…、クソの役に立てば幸いです。
それでは
恵みの雨と暖冬ですが
良き1日を^_^
ありがとうございます。
もう一言、ありがとう。
を発する分だけ自分を好きになる。
なんて事も言いますので、店員さんなどにお伝えしてみると良いかもしれません^_^

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.