スタッフ佐々木。

梅雨が長い。

投稿日:

おはようございます。
佐々木です。

梅雨が長い気がするのですが、

調べてみると意外とそうでもないことを知って軽いショックを受けているのですが、

皆様をどう感じているのでしょうか。

雨が続くとだるだるになっちゃう自分なのですが、

きっとそうなっちゃう人は他にも沢山いるかと思います。

というよりほぼ全員に近いと思いますが、

これはある種自然現象といってもいいものなので、

原因不明の体調不良でどこかがおかしいとかっていう訳ではありません。

よく見極めないと余計な手を加えてややこしくしかねないのでお気をつけ下さい。

特に薬とか飲み始めると何も無かったのに調子が狂い始めることも考えられます。

怠い、浮腫む、冷える、意欲低下、関節痛、下痢 or 便秘、

よくある症状としてはこんなものが出たりしますが、

梅雨が抜けると症状も抜けたりします。

が、時にそのまま引きずる方もいます。

汗をかく事が極端に少なかったり、運動が不足がちの場合、

引きずることも増えるかと思います。

怠くても少し身体を動かしてあげる事が梅雨の時期の症状には大事だったりします。

梅雨が明けてからは出やすい症状というのもガラリと変わって、

暑さによって湿気による症状とは違う症状が増えてきます。

頭痛であったり、胃のムカムカであったり、心臓への負担が増えたりなども考えられます。

汗をかき過ぎれば、体内の水分が無くなり、血液はドロッとして粘性を増します。

ドロドロした血液というのはサラサラした血液より、

心臓から送り出す際に圧を必要とします。

同じ体積でも重さが変わる訳ですから当然です。

心臓に負担がかかっているから、今すぐにどうこうと言うわけではありませんが、

休まないで働き過ぎていたり、多大なストレスを抱えていたりすれば、

リスクは大いに高まるかと思います。

左の肩や背中が痛くなるなんてことがあれば、少し考えて休むなどして、

自身の身体に優しくしてあげて下さい。

梅雨の時期では汗をかく事が大事で、

梅雨が明けたら汗以上の水分補給を大事にすると良いかと思います。

ジメッとした中で元気だった人も、明けてからはまた注意しながら生活して下さい。

宜しくお願いします。

-スタッフ佐々木。
-, , ,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.