スタッフ佐々木。

頚が痛かったから。

投稿日:

おはようございます。
佐々木です。

少し前に、PCに触れている時間が長かった為か、寝起きから頚痛いなー。という日がありました。

いつも頚を痛めている人には歩く事を言うのですが、

自分も普段は移動で歩くぐらいしかしないので、

痛い時ぐらいは歩いてみようと思い、せっせか歩いたのですが、

やっぱり歩くのって大事ですね。

痛くない時はあまり感じづらいものですが、

痛い時に腕の振りを意識して、特に引く事を意識して歩いてみると、

グングングンと頚のスジが無理なく引っ張られるのがよく解ります。

何気にビキビキするぐらいに痛かったのですが、

歩いている最中には大分痛みは引いてきました。

一発でいきなりなくなるってものでも無いですが、

生活している分には支障が無いぐらいになったので、

あとは家に帰って自分に鍼をして一眠り。

多少肩が凝った感じは残りますが、

あとは姿勢やら歩いたり眠ったり、

日々の生活の中で治していくような感じです。

と、自分で頚を治すのであればこんな感じ。

頚が回らないからあまり動かしたくない、動きたくない、

動くのが恐いというのもなんとなく解りますが、

意外と動いてしまった方が手っ取り早かったりします。

そんな頚をグイングイン動かせ。というわけではありません。

歩いて全身を動かしながら頚肩周りから緩まれば安心安全かと思います。

やったことを文に起こせばこれだけです。

鍼灸をもう少しシッカリ受けるのであれば、残りの部分も早めに解消されるかと思います。

頚の方で多いのは痛みを耐えに耐えて、

最後の最後にどうにかしようと考える方です。

正直にいうとこのパターンが一番大変だと思います。

一段階目に我慢するところで、ちょっと治すことを考えて行動すれば、

意外と呆気なく治ると思います。

そしてそれさえ解っちゃえば同じことを繰り返す事もほとんどなくなるかと思います。

痛みを耐えながら生活を送っていても、

質が良いとは言えないと思いますので、

日々のことを考えてもどっちが良いのかは明白だと思います。

だから皆!頚、治そうぜ!!

調子こきました。

頚、早い段階で治しましょ。

-スタッフ佐々木。

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.