ブログ

自分のポンコツボディーと一緒に頑張ります?

投稿日:

いやいや

体調管理大事ですね。

冷えてくると、身が縮みます。

私の側弯症も、夏は無症状

冬では、症状の出方が異なります。

冷えて、疲れて、ただただ頑張ると

痛いよ~~ってサインをくれます。

側弯症は健全では無い、私の心身はポンコツだ。

生まれて、そうそうに、大事な部分が欠陥している製品です。

だから、心身が無く、何も無しえない事は良く知ってます。

私が20歳までに歩けなくなると言われた中学生の時がそうだった。

一気に、夢も希望も崩壊する。

「みんな」とは違う物だと認識した。

足が動かなければ、やりたい事が限られる事は当たり前です。

それでも、もがけば、どうにかなっている。

でも、医師だけ、西洋医学だけに任せていたら恐らく今は無い。と思う。

病院が何をしてくれるのか?

これも、皆さんより良く知っている。

若い時は、健全な心身を破壊的に使うなら、俺が大事に使うから、俺にくれ!!と思った。

無い物ねだりです。

話を戻し、この時期から油断すると色々出ます。

秋から冬。

神経痛が出ます。

ギックリ腰になります。
※ぎっくり腰は7年程再発はしていませんが・・・油断は禁物です。

徐々に臓器の問題も感じる齢になりました。

鍼灸師で良かった。

マズイサインはそれなりに解ります。

極たまに、夜間背部痛になる。

諸説いろいろだが、起きて活動してる時間では無く、夜間背部痛、寝ている時に痛むのは

膵炎とか癌の前駆症状の説もあながちバカには出来ない。

むしろ有力に思う。

屋台骨の背骨が曲がって、神経血管を圧迫して、臓器の機能も低下させているのだから

いつ、臓器に問題が起きたっておかしくはない。

この場合、いくら問題の臓器を治療してもあまり期待できない。

原因は背骨から出る神経が怪しい。

だから、良い状態に戻す必要が有る。

上半身は年々縮んでいく。

旧友に合えば縮んだ?と驚かれる。話すのは面倒だから笑ってごまかす。

肺も三分の一しかない。

足の長さだって違う。

それでも走れるし。

遊べる。

人の身体は、教科書の能力以上の事を発揮する。

腰椎ヘルニアも頸椎ヘルニアも

私から比べれば、超スーパー軽度な症状なんですね。

私は切らなくても、ほとんど無痛で、もうすぐ40歳。

だから、ヘルニアも切らなくても治ります。

かと言って、心身の使い方に問題もあったでしょうし。

それを理解する努力。

自己管理する努力。

治療する努力は必要です。

そして、悪化させてもやるべき事かどうか?

真剣に考えなくてはいけない時も有ります。

と言いつつも、私も完璧では有りません。

ウォーキングも必要です。

ヨガも必要です。

鍼灸治療も必要です。

食事も気をつけなくてはいけません。

出来る限りでやってます。

完璧はストレスだし、続けるには抜きどころも大切。

でも、夢や希望が有れば何の苦でも無い。

健康は当たり前では無いですよね・・・。

恐らく、心身に何の問題も抱えずに、年齢を重ねてからの問題を治す事は大変に思います。

でも

自分が苦しんでみると

苦しんでいる人が沢山見えて来ませんか?

健全な人は、軽く

問題の有る人を傷つけます。

でも、傷つく奴が悪い。

私はそう考えるようにしています。

そして、苦しんでいる人。

その中には、乗り越えている人も一杯居ます。

自分の心身に誤魔化しは聞きません。

ズルが出来ません。

やった結果が現状です。

誰も悪く有りません。

筋トレと同じです。

前向きに努力が必要です。

俺は治る!!治す!!

治して!!なんて期待しない方が良い。

そんな選手はアウトだと思う。
そんな社長もアウトだと思う。

自分で治す!!

そんな時に、どんな治療を利用するか?

それが質の良い治療。

別に諦めたって良い。

そんな大人。

山ほどいる。

仕事は出来ても、運動が出来ても、勉強が出来ても、どんなに立派でも

自分の心身の疾患とは向き合えない。

治せない大人は沢山居る。

だから、無理する事も無い。

でも、私は、もう少し頑張る。

-ブログ
-, , , , , ,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.