ブログ

統合医療。

投稿日:

統合医療(とうごういりょう、英語 Integrative Medicine)とは西洋医学による医療と代替医療をあわせ患者を治療することである。

またまたフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋しました。

政権交代から、統合医療についての動きがありそうな話をお聞きしました。

先進国では進んでいる患者さんの望みや治療効果を最優先に考えられた統合医療。
※現在の日本では、ほぼ西洋医学(化学医療)のみの対応です。
すぐにでは無いと思いますが日本も歩み寄りそうです。

鍼灸は、漢方同様WHOも認める適応疾患も多いので期待できます。

鍼灸が、もし、他の医療と対等になれば、鍼灸の本質、医療の本質が見えてきます。

鍼灸が病院と同等の保健医療になれば、痛み止めよりも根本的に治る鍼灸を選ぶ人は増える見込みです。

現状、鍼灸は、お金の問題を理由に受けられない人もいると思います。

そして、何が必要な医療なのか?
今後、それを決めていかなくてはいけませんが、それがとても大変なお仕事になると思います。

一番良いのは0に戻す事です。

保険を全てから廃止すれば、本来あるべき医療の姿もみえます。皆さんが自腹を切って高いお金を出して医療を選ぶので、何が求められるかが見えてきます。

無駄な検査や無駄な薬よりも恐らく鍼灸を選ぶ人も増えると思います。

早い、簡単、便利な医療も必要ですが、不便でも、本質は根治できる物は根治するべきだと思います。

それが、一番医療費がかからないですし、結果、医療に依存する人が減り、医療費が減り、税収に頼る必要も無い訳です。

皆さんは保険の内容まで考えている人は少ないと思いますが、もし窓口で3,000円払ったら、それは1万円の医療を受けた様な物です(3割負担の場合)。

1割負担の人は1,000円出せば1万円です。

こんなに、医療はお金が回っているはずなのに、普通、なぜ医療費が足りないのか考えませんよね?

極端な話ですが、医療が安すぎる日本の医療は、患者さんを量産するシステムを作ってしまっています。
体を酷使して、酷使しても大病になるまでは、医療費は安いのでどうにでもなります。
結果、自分達で少し運動すれば治せる物や少し寝ていてあげれば治る物まで、薬を使い。

昔は、家に有る食材や道具で治せていた民間療法まで誰も知らない時代です。

様は、体は後回しに考える様になっている事実が有ります。

例えば、風を引いて、寝込むより、薬や点滴を取ってしまう人がいる。
その薬や点滴が5,000円でも使いますか?
必用な時も有るとは思いますが、保険が無くなれば不必要と考える人も増えると思います。

毎度毎度こんなにお金がかかるなら、健康な生き方が一番良い事だと気がつけます。

今の日本は、どれだけ、介護や福祉、保険にお金をつぎ込み手厚くしても、皆で医療に依存しているのですから、税収は足りる訳が有りません。

この先の話は、おいしい生活をしている方々の誹謗中傷になるので、想像に任せます。

とにかく、鍼灸を受ける人は増えると思います。

この時代の変化に期待をしています。

もし、実現すれば、皆さんの常識は江戸時代の人が、明治に変わる時ぐらいのチェンジが起きます。

もちろん、科学医療や西洋医学は多くの人を救いとても大切な医療です。

ただ、今までの様な、鍼灸を数回すれば済むよう疾患の方に、とりあえず、検査して、とりあえず、薬を渡していた事を改めないと淘汰されてしまう病院も増えると思います。

自分達も、現在の漢方の様に、日本でもドクターが鍼灸を持つ時代がくると思っています。

他の国では有るのですから、多分そうなると思います。
カイロやマッサージをする先生も出てくるかもしれません。

そうなると、ただの鍼灸師も淘汰される対象にもなると思います。

変化すると言う事はリスクも伴います。

統合医療が成り立ったら、凄い変動がおきます。

保険は何処までなのか?
気功やヨガは?
アロマは?

はたまた、温泉も?

大変な革命的な話ですから、時間もかかる仕事ですね。

統合医療に賛同的な患者さんを中心に考えられるドクターや薬剤メーカーは良いですが、今まで日本の医療を西洋医学中心にしていた。政党や医師会や医師と密接に繋がる薬剤メーカーも猛反発をするでしょうし。

必ず。喜ぶ人がいれば泣く人も出るでしょうし。

自分も淘汰される対象かも知れません、ベストをつくして期に備えましょう。

友人に鍼灸をススメて上げても、怪しいと言われた人達が、実は時代の先端を行く知識人だったと思われる日が近いかもしれません。

普通に鍼灸を選んでいた人はイチローやその他スポーツ選手も「先見の明に優れていた」だけの事が理解される時が近づいてきています。

-ブログ

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.