ブログ

断捨離2

投稿日:

昨日の休みも断舎利に精を出しました。

基本的にはヨガの行法、「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という考え方を応用して、人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え方、生き方、処世術である。

単なる「片づけ」や「整理整頓」とは一線を引くという。

断=入ってくる要らない物を断つ

捨=家にずっとある要らない物を捨てる

離=物への執着から離れる

昨日は、サーフィン、スノボー、スケボーのビデオ70本余りを処分。

CDも山ほどあり、処分します。

少し見えて来た物は、親の教育上、欲しい物は自力で手に入れろ。

手に入れられないと言う事は、それほど必要じゃないって事だ!となり。

手に入れるのに苦労して、捨てる事が苦手でしたが・・・。

結果的に、断捨離的考えでは、古い物が多いほど、新しい物が巡っては来ない。

物が多いほどに、大事な物に対しての意識やエネルギーが集中できない。

に、なるほど~。

と思い、お別れしまくってます。

人の別れと、出会いみたいな物ですかね・・・。

にしても、押し入れや物置から、引っ張り出す。

思い出がよみがえる。

おお~懐かしい~

これ~どうしよう~と思う。

しばらく懐かしさに思いをはせる。

でも、捨てなきゃな~・・・。と思う。

とりあえず。

捨てられる物を徐々に捨てていく・・・。

で、勢いで、ありがとな!と言って、捨てにくかった物も手放す。

そして、捨てに行く。

で、今日は海陽堂のモノを断捨離。

4分の1、処分です。

別れが有るから、出会いが増える。

卒業式みたいなもんですね!!

ちなみに勝手に捨てられるのは違うようですので、お子さんのモノは勝手に捨てませんように・・・。

自分で感謝して、手放す事に意味が有るようです。

-ブログ
-, ,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.