ブログ

真っ黄色のおしっこ。

投稿日:

最近、かなり難しい患者さんを見させて頂いております。

難しいと言う表現が正しいか解りませんが、

高齢、認知症で、食事もほとんど取らない、おしっこも出ないで、足は非常にむくんでいる方です。

治療中、なんとか臓器を巡らせようと努力するのです。

で、出るのがオナラと、治療後のおしっこ。

最近出ていないと言うおしっこを治療後にする。

で、呼ばれて、流すように頼まれるので、チャンスでは有りませんが、尿を見せて頂く。

トイレの水の中は、非常に濃い真っ黄色になります。

これじゃや、辛いくて、苦しいはずなんだろうな・・・と、思います。

色々話すと、飯は喰えなくても、薬は飲む。

恐らく、臓器は薬だらけなのかなと思ってしまう・・・。

治療中は、あったかくて気持ちいい~とウトウトしている。

刺した鍼を触ると非常に冷たい。

最初の2回は詰めて来て頂いた。

私からすると目が普通になった。

が、今日の3回目は14日ぶりである。

明らかに、悪化を実感する。

また来た方が良いかね?とお連れさんに言われ、言葉に困る。

私はいつも迷う。

ココがベテランとは違うダメな点でも有る。

来たら、来た分だけ、良くなる可能性は上がる。

ただ、お連れさんにその価値が解るのか?とこちらが、疑問に思ってしまうのである。

保険の医療費しか分からない方には一回5000円は高い。

でも、他の医療と同じ一割負担なら、500円。

それなら、毎日治療させて下さいと言えるし。

この国の保険制度が、本当に嫌です。

自然と、薬漬けになる。

皆さんもいつかは同じ道を辿る。

このままで良いのかな?

医療費を無料化なんて政党があるけど、経済は回るけど、西洋医学しか選べないままで良いのかな?

なんども言うけど、皆さんの終末も同じ。

薬は売れる程に、経済は回る。

薬が売れる程に、医療人は利益が出る。

でも、皆さんの家族や、自分自身がそれで良いのかな?

と、ぼやいても仕方ない。

私は、鍼灸でこんな事が起きている事実を伝えたいだけです。

良い事だけ書いても仕方がないが、認知症の症状は下降線を感じます。

非常に足はむくんでいる。

ただ、気持ちいいとウトウト治療を受け、治療後に真っ黄色のおしっこをする。

それだけですが、苦しみが減る事は可能性として大いに感じています。

宜しくお願いします。

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.