ブログ

どこまで目指す?

投稿日:

今日は、患者さんと来年の目標について話しました。

我々は、カラダを診る事が仕事なので、熱い方には、熱いアドバイスをさせて頂きます。

特に競技系の方。

やっぱり最終的に、極めつけは、商品価値がでるほどの、人物デスよね~。

ここまで行くと圧倒的に空気が変わると思うんです。

趣味の領域。

仕事の領域。

この差は大きいですよね。

実は、ビジネスでも、研究でも、鍼灸でも、職人でも、芸術でも、同じ事が言えると自分は思うのです。

後は、過大評価も、過小評価もしない自分と向き合い、実現可能で有る範疇にする事です。

俺は、すげぇー!とか。

どうせ、俺なんかとか。

要りません。

何が出来て、何が長所で、何が出来ないで、何が欠点なのか?

後は、目標をビジョンとして思い起こす為に、身近に書くなり、飾るなり、忘れない事だと思います。

後、患者さんに教えて頂いたのが、引き寄せの法則。鏡の法則です。

競技になると攻撃的に相手や仲間、身内にまで、言葉で、攻撃する人や念じる人が居ますが、それは必ず自分に反映されると言う話です。

なので、強い選手ほど、謙虚であり。

強い選手ほど相手をリスペクトし尊重し馬鹿にする場面は少ない物です。

最近、患者さんで、多い気学の星の方が居ます。

この星は、強く、美しく、尊敬される星です。

この方の注意点は、自分が知らぬ間に、若いときに人の恨みを買い、年老いて体力が無くなった時復習されるので注意が必要と書かれています。

今、まさに、そんな状態の方を治療をしています。

身体の病気は気合と根性で治る物ばかりでは有りません。

人の不平不満は口にしなくても、念じるだけで意識は飛びます。

人を恨めば穴二つ。と言われるように必ず自分に戻ってきます。

自分が変わらないのなら、人は変わらない。

今目の前の事は、自分で展開している現象です。

気学や運気の勉強をしておりますと、幸せだけの人など存在しないに等しく、人を見下せるほどの人材など存在しないに等しい。

必ず、長短抱き合わせとなります。

天才は、多くが、大きく欠陥する部分を持ち合わせます。

と、自分に言い聞かせております。

一緒に頑張りましょう!!

謙虚に、強くなりたいと思う今日この頃。

ちなみに、

竹前 慎剛の名前の由来は

慎ましく(つつましく)。剛(つよく)。と言う願いが込められているそうですが、私の名前はすっかり倒れておりまして、現在立て直し中です。

ココ最近、良いお年を!!と言う挨拶が増えて来ましたが、皆様にとって良い年を迎えられる事を本気で願っております。

ありがとうございました。

iPhoneからの投稿

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.