ブログ

本物と偽者。

投稿日:

人生の経験上。

本物と偽者を語る人は、本物で無い事が多い。

スノーボードで山や海外で暮らしてから、千葉でスノーボードを売る側になり、良い板、良いウェア。

長く続けるなら、言い訳できない高い物を買って頂く。

安い所からはじめても、ぜんぜん、良いのですが、スノボーに関しては、ブーツ、ゴーグル、安かろう高かろうなんです。

それでも、道具に不満が出るのが、その道具を使う競技の特徴。

チームになり、仲良くなる。

このボードでは、こんな事が出来ない。

このボードは、コレがやりやすそう!

どうですかね~!

商売人として、コレ使えば簡単だぞー!と言えば欲しくなりお買い上げ。

商売の下手な自分は、その板を売れば良いのに、その前に、一日100回スクワットして、開脚が着くまで、ストレッチする方がよっぽど出来る様になるよ!

と、アドバイス。

その後、今日の売上、今月のノルマとニラメッコ。

でも、その思考は今も変わらない。

買いたい物、買わせれば良いんだよー!と怒られる。

何万円も出すなら、自分の体や目的に使う人が賢い。

いくら道具を使う競技だって、肉体の能力が少なくても7割は占める。

大きく言えば9割が肉体で、残りの1割が道具の世界。

だから、プロは何を使おうとプロです。

初心者の板であろうと、何で有ろうと、使いこなします。

最近はプロ選手と話していて、そんな事を思い出しました。

そんなに高い道具を使っている訳では無く。

スポンサーともなれば、使いたい道具を支給されるのはトッププロだけ。

トップでなければ、メーカーが流行らせたい、道具を支給される。

視点を変えると、本質が見えるかも、スポーツ業界で言われるのは、中級レベルより少し上手い人が一番道具を買うと言われている。

ようは、毎年の様に道具を買う顧客になる。

と言う事で、一皮剥けるタメに、お金をかけるなら、道具の前に肉体とメンタルですよ!!

-ブログ
-, ,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.