ブログ

昨日は…。

投稿日:

昨日は、最終的に佐々木先生が、自分より一人多く患者さんを治療しました。

そして、自分が治療してない時は、見させて頂いてたのです。

真剣に、診て、触り、考え、治療への真剣さ、一鍼入魂。

良い感じでした。

社会人として?
元気、愛嬌、社会性、知識、色々な必要な物が有りますが…。
まだ若いし、自分の不足を棚にあげて、自分の価値観で、足りない所は上げればキリが無いかもしれません。

でも、佐々木先生は、あのままが良いなーと言う患者さんが居て、その気持ちもわからなく無いですね。

自分の中で治療に、かなり重きを置くのが、心が大事だと思ってます。

言葉だと難しいのですが、良い波長で一生懸命で有る感じです。

真摯に、向き合う。

料理も決めては愛情と言いますが、治療も愛情と言うか、心というか、真剣さというか、かなりの重さを占めると思います。

カラダのサインを考え、手に神経を集中させて、病因を考え、流れを考え、何処に、どの程度刺すかを考える。

ある程度から先は、マニュアルには出来ません。

患者さんの数だけ、カラダの種類が有り、治療家の数だけ、感性が有ります。

達人ともなれば、入ってきた瞬間に多くを診ます。

歩き方、歩幅、体の動き、呼吸、目、肌の色や状態、髪の毛、声の質、カルテに書かれる字

この程度のヒントなら自分も分かりますが…。

更に上の人は、違う何かを感じるです。

入ってきたら、解るんだよ!

こりゃ治る。

こりゃちっとやそっとじゃどうにもならない。

自分の、なんででしょ?

の質問にも、だって入ってくりゃわかるんだよ!
感だよ感となります。

職人の患者さんと話す。

感コツの世界は楽しいです。

最近では、保母さんも、技術職の職人さんに感じます。

正解の無い世界で、色々な技術、知識、経験をフル活用させて向き合うそうです。

大工さんも、木目について話し出したら一日中話しそうです。

最後に、シアトルマリナーズのトレーナーは、イチローのバットにボールを当てる。と言う事に夢中な職人と変わらないと言ってます。

と言う事で、中から来る気持ちは、好きだから、出るとおもいます。

スポーツ、勉強、仕事、好きな人には勝てない事が多い。

好きだから、人並み上に努力しますし。

好きだから、嫌になる事も有りますし。

好きだから、もう、嫌だっ!て思う事も有ります。

大好きと、大嫌い。

その時点で、それだけの存在ですよね。

佐々木先生は気を考える先生だから、気持ちを込める事は当たり前です。

もちろん自分も当たり前です。

iPhoneからの投稿

-ブログ
-,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.