治療論

海陽堂の腰椎ヘルニア治療論。

投稿日:

腰椎ヘルニアとは、腰椎の椎間板ヘルニアが突出して、神経にいたずらする事により、腰下肢症状を引き起こす物です。

と、言われる内容が一般的な見解ですが、本当はそれが原因では無いのでは?と言う説も多く有ります。

この色々な理由が言われる原因となる理由は、手術をしても再発する方が多い事も要因の一つだと思います。

他にも、画像で椎間板が突出しているにも関わらず無痛、無症状である人がいる。

逆に、画像では椎間板が突出していないにも関わらず、痛みが有る人がいる事が要因です。

と言う事で、その他の理由を挙げる方も色々おられます。

筋肉疲労によるものが原因。

ストレスが原因。色々な専門家が色々な見解を書かれて居ますので、色々調べていただかれる事が良いと思います。

腰椎ヘルニアも、当院では多い症状です。

ちなみに下に有るアンケート。腰椎変性症、坐骨神経痛、腰椎すべり症などは、整形外科的には根本原因が別々なので、別の問題と考えますが、症状の大小は有る物の似た様な症状なので、自分的に治療はかなり似ています。

腰椎ヘルニアよりも腰椎変性症のほうが難しいですね。

西洋医学でも、治療に関して恐らく同じだと思います。
診断名は違えど、神経ブロックや痛み止め等だと思います。

ただ、当院に来られる方で腰椎ヘルニアと言われる方の多くは重症です。

歩行困難です。

人によっては、入院までしていた方です。

病院では改善を感じないので、退院後、治療になるケースが多いです。

このレベル自体簡単では有りませんので、コチラとしても生半可な気持ちでは有りませんので、真剣モードなので、ただ、優しいだけでは向き合えません。

一緒に出来る事を出来るだけ頑張って頂く様になると思います。

この状態の方は、身近の整形外科以外のドクターを見つけて頂き、(見つからない場合は当院でご紹介いたします)同意書を頂いて、保険を利用した治療がオススメです。

※整形外科では恐らく、同じ病名を、鍼灸が病院以上に良くなる事を認められない先生が多いと思います。
と言う事で整形外科は避けて下さい。

症状にもよるのですが、初期は、劇的改善を狙うよりは地道に歩ける様になる所を目指しましょう。
それでも、今まで以上の状態にはなります。

痛み止め、ブロック注射は痛みを脳に送らない事で、楽になる事を考えますが、結局、骨折したまま歩くのと変わらない事も有りますので、改善より、悪化となる方も多いのでは無いのでしょうか?

反面、鍼灸は根本原因に血流を呼び改善を促がします。

症状の度合いにもよるのですが、改善して行きます。

有る程度の改善が進めば、通院に移行して全身調整を週1回程度で進めていきます。

当院では当たり前ですが、お腹の治療や気の治療も含めて行います。

そもそも、国家試験レベルでも、ヘルニアに治す為に必要なツボはお腹にも有ります。

それを、常識に合わせて、刺さない鍼灸師も多く居ますが、必要な物を刺さないようでは、治癒率は低くなって当たり前かもしれません。

そもそも、腰椎ヘルニアと診断を受けた時点でそれなりの覚悟をして頂きたいのですが、おおよそ2ヶ月程度で、見通しは付いてきます。

逆に軽度な物で有れば坐骨神経痛のアンケートを参照にして下さい。

大体に置いて、腰椎ヘルニアはたまたま出たと考えるよりは、生活習慣の中に多くの原因を含まれた方が多いと思います。

口に入れる物として、お酒やコーヒー等です。

競技者の場合、運動法の間違いも有ります。
自転車競技に多いです。

詳細は、人それぞれとなりますので、一度見るまで解りません。

ただ、キムヨナ選手は、オリンピック金メダルを取る直前、腰椎ヘルニアでした。
病院で鍼灸をして、金メダルを取っています。

あと、マッサージが主体でオマケで鍼を刺す程度では、根治は無いと思います。

後は、マッケンジー体操をいかに取り入れられるかが、治療回数を少なく、早く治す秘訣です。

-治療論
-, , , ,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.