ブログ

何処の駅伝部も・・・。

投稿日:

何処の駅伝部もお灸の後が根性焼きの様に点々とある。

胃のツボ、シンスプリントのツボ、デカイケロイド(やけど痕)。

でも、いつも思うがやり方が間違ってる。

胃が足と絡んでいる認識を持てるのは、素晴らしい発想です。

鍼灸師でもオマケで鍼を刺す先生は、それすら理解してないと思う。

先日の佐々木先生の積聚治療のススメにも有りましたは、体は問題点以外にも、サインを出している。

痛みも、引きつれ、冷え、違和感、皮膚の状態、声、目、臭い、脈、全てが体の状態を見るサインです。

このサインをくみ取り事が出来なければ、そもそもサインは消えない。

では、胃のサインが足に出た場合、何処を治療すべきでしょうか?

胃の治療と足の治療どちらが正しい治療法でしょうか?

この場合、普通に多いのは、足の治療を選ぶんですね。

でも、根本は胃です。

胃が治らなければ、又、足は痛む。

佐々木先生の治療の根本は、その根本に重きを置き、治療する。

結果、その場、その時に、足は良くならないかもしれません。

しかし、胃が良くなれば、そのサインは消えます。

胃が相当悪ければ、回数が必要かもしれない。

でも、胃の治療もしないで、胃のサインの出てる足の痛みだけを消しては、出してを繰り返す。

この治療よりは、よっぽど賢い。

東洋医学で本治法票治法と言います。

本治法は根治を目的とした治療法で、根本や原因の治療に当たる方法。

票治法は症状を抑えるを優先に置く治療法。

海陽堂がやっている事が、本治法ですね。

その場しのぎの治療法や痛い場所だけ治療する人が票治法です。

さてさて、時間が掛かるのはどちらでしょう?

賢く見えるのはどちらでしょうか?

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.