ブログ

スポーツ鍼灸と経絡治療。

投稿日:

スポーツ鍼灸の売りは、即効性に有ります。

経絡治療や佐々木先生のしゃくじゅ治療などの、売りは、体質、体調の向上。
更には、根治です。

信じられない人には信じられない世界です。

ただ、理想だけを言うと、体調が良くなり、結果、痛みが消える事が理想的です。

最近、座骨神経痛で、スポーツ鍼灸の鍼灸院から、当院に来られた方がいます。

この方は、ご年配で、最初は、スポーツ鍼灸で、劇的に改善したそうです。

ただ、残念な事に、通う程に悪化を感じたそうです。

で、自分の見立ててでは、確かに、西洋医学ベースで神経や筋肉で、そこに刺せば、痛みが軽減するポイントが有ります。

ただ、背中や腰を治さない事には根治にはならないで繰り返します。

で、東洋医学的に、その背中の張りを作る原因の、根本に胃肝臓(胃と肝臓が悪いなんて、イカンぞう…。)が絡んで、座骨神経痛を発症してる感じでした。

かれこれ6回目にして、すごく良くなったと言ってもらいました。

で、自分の基本は、根治を目的としたいんですね。

でも、これが皆さんに解るか?となると難しいんですね。

翌日。

翌々日。

痛みが減ってきたら、多くの方が、気が付きません。

なので、当日にある程度、改善が理解されるスポーツ鍼灸を使います。

スポーツ鍼灸が即効性を示さない場合も有りますし、東洋医学が即効性を示す場合も有ります。

ただ、割合で言えば、即効性がスポーツ鍼灸で、根治が東洋医学です。

なので、色々な鍼灸や治療を受けて来られた方が当院で結果を得て留まる理由は、其処に有ります。

勝手に一人で統合医療的な発想で、即効性と東洋医学を使い分けています。

当院には、部活のトレーナーに鍼を刺してもらっても治らなかった。

整骨院で、鍼を刺してもらっても治らなかった。

スポーツ鍼灸で刺しても治らなかった。と言う患者さんも意外といます。

それは、マッサージ以上の効果が有る鍼灸でも、使い方一つで、痛み止めの様な利用法になるからです。

当院では、自分で鍼を刺す患者さんもいますが、それが、ソレです。

刺せば楽になる。痛みが消失する。

でも、根本はやはり自分達が治すしか有りません。

いつも言いますが、鍼灸もピンきりです。

オマケで鍼を入れる人と、鍼だけで治療している所では雲泥の差が有ります。

自分で、鍼を刺すレベルまでになると技術者の上手い下手にも気が付いてしまいます。

昔、鍼灸師の息子として、聞こえた話です。

友人が俺には鍼が効かないと言ってました。

整骨院で受けたそうです。

鍼が効かないのでは無く、整骨院の鍼が効かないだけでしょ!

と言いました。

こう言う発想で東洋医学を取り入れようとすると、西洋医学系で固められたトレーナー業界に一員にはなれません。

逆に言えば、だから、チームトレーナーは、あくまでもケア担当で根治させる事を目的には出来ません。

結果、独立するんですね。

iPhoneからの投稿

-ブログ
-,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.