ブログ

頚椎ヘルニアとマッケンジー体操。

投稿日:

先日、マッケンジーの頚椎ヘルニアバージョンを若干学びましたので、完治を目指される方は、鍼灸とウォーキングなどと一緒に頑張って見てください。

まずは、レントゲンやMRIは確実ですが、自分で動かす事でも症状を出し、原因が解りますので、軽いテスト法から説明します。

マッケンジーを行った後と前でもう一度テスト法を行って見てください。

photo:01


で、このお嬢さんをモデルに今日はご紹介。

上を見上げると痛みます。

photo:02


斜め上を見上げる事で手や肩にシビレや痛みなど神経症状が出ます。
これで、症状が有れば、頚椎ヘルニア、ストレートネック、頚椎捻挫の後遺症、椎間の狭窄などが疑われます。

photo:03


で、深く腰掛けた状態で、腰にタオルをはさみます。
で、大事なポイントは胸を膨らませて、斜め上に上げる意識でハト胸にします。

photo:04


この状態で、アゴを引きます。
二重アゴになるぐらい引ける所まで引きます。

photo:05


戻してー。

photo:06


もう一回引きます。

photo:07


ワンセット20回からはじめて下さい。

しっかり胸を貼り、しっかりじっくり効かせる感じで、アゴを引いて下さい。

20回行った後、もう一度、最初のテスト法を行って見てください。

これで、可動域が増えていたり、症状が軽減していれば、その後が見込めます。

一日の、デスクワーク仕事の合間、運転の合間に取り入れて頂ければと思います。

改善されない場合は少しポイントが変わると思いますので、一度、当院で、診せて頂ければと思います。

ちなみに、このお嬢様。

テスト法をすると腕にシビレが出てます。

でも、本気で治療はしてあげていません。

もうちょっと、自分で頑張ってもらう予定です。

治す事がお仕事ですから・・・。

ちなみに、
頚椎ヘルニアの注意事項。

まずは、お酒を飲めば悪化傾向ですよね?

パソコンや携帯を長時間見る事も悪化傾向ですよね?

腹筋や腕立てなど体の前の筋を鍛えると悪化傾向ですよね?

姿勢良く、背を伸ばして、お腹へこませて、歩幅広く、肩で風を切るように、腕の降りを後方に大きく、ウォーキング、発汗で若干の改善を感じられてますか?

ランニングはダメですっ!

改善が感じられなければ、歩き方が間違っている気がします。

iPhoneからの投稿

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.