ブログ

座骨神経痛を治さないとこうなります。

投稿日:

今日は、久しぶりお会いした患者さん。

元々は、座骨神経痛。

今回、かかとの痛み。

座骨神経痛をガマンしたり、痛みどめなどで、ごまかしてしまうと、結果的には、その神経ラインに、新たに生まれた様な痛みが出ます。

ラインにより、出方は色々ですが、おしりに痛み、もしくは違和感が出て来て…。

乗り越えて、次に出やすくなるのが、太もも裏の、痛み、違和感、肉離れ。

次に膝の裏の痛み、膝の内側の痛み。

次にふくらはぎの痛み。肉離れ。

次にアキレス腱、かかと、足裏の痛み。

出方、順番はマチマチです。

寝起きが痛い。

長時間、イスに座っていての、一歩目が痛い。

そんな、感じ。

詳細は、もちろん、個人差があって当たり前なので、見ないと解りません。

ただ、揉まれると、痛くなる。

これも、揉まない方が良いです。

で、病院でも、痛い場所を診る事が基本で、根本が置き去りで、イマイチ治る気配が無い。

こんな感じでしょうか?

この疾患は、自信が有ります。

一回で治せるとまでは言いませんが、かなり、自信有ります。

もし、鍼をした事が無い方。

海陽堂に行こうか迷っている方。

ここでアントニオ猪木さんの1998年4月4日 引退の挨拶をどうぞ!

この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。

危ぶめば道はなし。

踏み出せばその一足が道となる。

迷わず行けよ。

行けばわかる。

海陽堂!!(すみません、コレは自分が付け加えました…。)

引退試合後の挨拶で、ファンに対する最後のメッセージとして朗読した。

一休和尚の言葉であり、新日の道場訓にもなっている。

猪木がよく口にする「一歩踏み出す勇気」のもと、猪木の人生感のもととなっている言葉だ。

だ、そうです。

自分も、20代から、良く使ってました。

特に、この一言。

危ぶむ者に道は無し。

iPhoneからの投稿

-ブログ
-,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.