ブログ

頚椎ヘルニア。他肩、腕の神経痛症状(頸肩腕症候群)

投稿日:

頚椎ヘルニア、肩甲骨の背面痛、腕の痛み神経痛など。
(中には、これらの稼動しない筋肉が原因で肩を外された方や、五十肩などに似た症状を出す方もいます)
ストレートネックなどの診断名を受けて来られた方も同様です。

病院、整骨院、マッサージ等で治らず当院へ来院される方多いです。
たまに、当院で症状を聞いてレントゲンなどで撮ったが異常が見つからない事が有りますが、その辺は、鍼灸の効果か結果で経験してください。結果が良ければ、病態を理解していると言う事に繋がります。
改善されなければ病態が理解できていない事になります。

これは、どこの治療でもそうだと思います。

お医者さんでも、見つからないが自分達には解る事も有りますので、原因などは一度見せていただければと思います。

筋肉に関しての疾患など、意外と鍼灸師の方が得意かもしれません。

まず症状の出方ですが、デスクワーク、車の運転、パチンコなど少し~長時間の固定による首こり肩コリ症状から発症に繋がりやすいです。

本人では感じないかもしれませんが、少し頑張りすぎる傾向も有ります。
言い方を変えれば、タフな感じです。
一日の睡眠時間が平均して5時間前後など

他にも朝の痛みなども有ります。
(昼に向け軽くなり、夕刻までに痛みが再発する傾向も有ります)

どんな方がなりやすいのでしょうか?
上記をお仕事にされている方はもちろんなのですが、睡眠時間が5時間以下。お酒が好きな方。(飲まないが肝臓に問題が出た事があるなど肝臓の弱りのサインでも有ります。)仕事量が多い方(ダブルワークなど)。

格闘家やコンタクトスポーツ。サーファー。テニス。ムチ打ち経験者の方。カイロプラクッティック経験者の方など。

治療方法。

当院では全身治療を推奨します。
全身治療の間の局所などは取り入れますが、改善の効果や違いなど、経験していただいた方は全身の方が結果が伴う事を理解して頂けると思います。

症状がおもい方。対処療法(整骨院・マッサージなど)ブロック注射まで経験されている方は初期にある程度詰めて通院していただく事をオススメします。

それ以外の方は週1回を続けながら様子を見させて頂きます。

期間は、重症例(発症から長い方)は基本的に数ヶ月かかる事も有ります。
※ある程度、他の治療よりも症状が軽減するので、自分の満足する所で間を開けたりする方もいます。
重症例は、根治が難しい場合も有ります。ただ他よりはいい結果を提供できると思います。

軽症例は、一回で治った方も居ますが月かかる方もいます。

どの疾患にも有りますが個人差が有ります。
年齢や体質、性分など。

気をつけて頂く事。
忙しい方が多いので、睡眠や休息など体を横にする事で、人体組織は修復される事を理解して頂く様にしています。
次にお酒愛好家の方は、休肝日を作ってもらう事、お酒は本物のお酒かワイン、蒸留酒に、添加物で出来た発泡酒、缶チューハイなどは避けて頂いてます。

東洋医学で言うと肝臓、胆のうや消化器官が絡みます。
当院ではウコン飲んでいる方多いです。

中止する運動。
腹筋・大胸筋前面系の運動ダンベル・ベンチプレスなど。(体の前面の筋トレ全般)
無意識に首に負荷がかかる為、猫背、猫首を助長します。

すすめる運動。
ウォーキング、ストレッチ(反る姿勢ブリッジなど)、背筋など。

個人差は有ります。

全てが当てはまる訳では有りません。

あくまでも参考程度にしてください。

実際は見るまで解りません。

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.