ブログ

旅行に行くと田舎に住みたくなりませんか?

投稿日:

旅行に行くと田舎に住みたくなりませんか?

今回も思ってしまいました。

今回の宿のオーナーさんも元々は神奈川の出身でオーストラリアに10年生活。

その後、草津のペンションのオーナーになったそうです。

「良いですねー!」を連呼してました。

ゲレンデの子供広場では、地元の保育園児がソリでぶつかり合っても親は当たり前の顔。

「近所の公園では、こうはいかないよねー」なんて嫁と話してました。

小さい子を預かるお仕事(保育士さんや幼稚園の先生)の患者さん達は、ちょっとの怪我でも大変なんて話を良く聞いていたので・・・。

ここで、突然、嫁の思い付きが、炸裂!!
本気で熱く話す時があります。

そうだ、冬場は私と子供で草津に住むよ!

ゲレンデならインストラクターの仕事も出来るし!

パパは毎週、滑りに来れば良いじゃん!

子供にはきっと良い環境だよ!

良いよ!絶対!

えっ!

ドンだけー!ですよ!

前回は、海沿いに、鍼灸院まる竹分院計画でした。

ここで、いつも少し心揺さぶれる自分もいます。

が、まだまだ、借金が返し終わりません。

奨学金もまだまだ、ずーーと返さなくてはいけません。

まだまだ無理です。

それでも、実は、心の奥底で、静岡か宮城あたりで、海と山と鍼灸とで生活したいと思っています。

東洋医学で言えば、そもそも、人は自然の中で生きる事が良い事です。

高度な文明社会は、人を不自然にしてしまいます。

解剖学教授の養老猛先生は、一生に一度、数ヶ月、思いっきり電気もガスも無い生活を経験させる事で、日本人は変わり、日本は変わると言ってました。

生徒がこれに質問をぶつけます。
「何が変わるんですか?」

この質問に対する答えは、「やれば解る」「やらない人にはわからない」

自分もそう思います。

宿のオーナーさんは、日本の都心は忙しすぎて会わないと言ってました。

うーん、いかにもオージー(オオストラリア人)が言いそうな言葉です。

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.