ブログ

自律神経フル活動の季節

投稿日:

つゆの季節は、自律神経の体温調節中枢がフルに働いています。
日中は暑く、夜は寒い。

雨が降って湿度が高ければ汗が蒸発せづに体にこもる。
熱中症になりやすい季節です。

まいってしまいそうな季節です。

水分・塩分の補給をこまめにしましょう。

しかし、この時期は有る意味、自律神経のトレーニング期間です。

外気温、湿度がどんどん変わる。

その環境でも体温を維持し続ける。

これが何気ない自律神経のトレーニングになっています。

汗をかくのは汚いと思っているといつか、体に問題が生じます。
◎汗は、体温調整をしています。
◎汗は、体のPHを調整しています。
◎汗は、尿では出ない体の老廃物を出してくれます。

東洋医学でも夏は完全に毒だしの期間です。
そして、冬にそなえ元気を蓄える季節です。
この毒だしの季節に汗をかかないと毒は年々蓄積され、於血(ドロドロ血)と言う病症になります。
青い静脈が浮き出て、体温調節が苦手となり、冷え性で汗をかきずらい体質になります。

これからの季節、しっかりと汗をかき、自然と向き合う事をオススメします。

そして、私は明日お休み、例のごとく海に行ってきます

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.