ブログ

養老孟司先生シリーズ2

投稿日:

君たちだってガンになることがある。

ガンになって、治療法がなくて、あと半年の命だよと言われることがある。

そうしたら、あそこで咲いている桜が違って見えるだろう。

では桜が変わったのか。

そうではない。

それは自分が変わったということに過ぎない。「知る」というのはそういうことなのだ。

養老孟司先生は解剖学者なのですが、心理学者のようです。

発ガン率は2人に1人。

俺は、いつ死んでも良いんだと、撫養生していた自分も、痛みや苦しみを知ってある程度養生するようになりました。

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.