ブログ

自律神経失調症はキャンプで治る?

投稿日:

自律神経失調症とは、自分の意思とは無関係に働いている自己調節中枢がズレを起す疾患です。

○○症と言う疾患名は○○病の様に定義があいまいな為、多くの人が当てはまってしまうのが大きな問題でも有ります。

そういう難しい話はさて置き。

人は動物です。

元来自然の中で生きていれば起きるはずの無い疾患がなぜ現代の文明社会に多いのか?

意外と答えや原因はシンプルに考える方が良いかも知れません。

答えは、不自然に生きているからです。

まず。
体温調節中枢の狂いは、常に快適な適温で暮らし過ぎている為におかしな事になっているとも言われています。
夏は暑く。冬は寒い。他の動物達は何も無くても生きていくことが出来ます。
でも、便利な物に慣れすぎた現代人は、エアコンが無い。暖房が無い。生きていけないとまで言います。
しかし、恐らく生きていけるでしょう。
外気温が異常(動物が死ぬほど)な状態にならない限り、人も平熱を保ち続けると思います。

次に睡眠。
これも電気の無い暮らしをすれば解ります。
冬の睡眠は多く取り、夏は短くても良い。日本人は有名な教授や世間的にと言うある意味暗示の様な確信で通年6時間睡眠が普通と言う意見が多いのでは無いでしょうか?
でも動物は違います。
冬は長く、夏は短い。晴れの日は行動的で、雨の日は良く眠れる。

この二つが克服できれば、自律神経失調症は、ほぼ問題ない状態になれると思います。

少しの自律神経の乱れは、日本社会では必要とされます。

日本では、動物の様に生きる事は不可能に近いと思います。

なので、ある程度の乱れをものにする必要性も有ります。

この二つを克服する方法でオススメな物。

それが、キャンプです。

自然と共に数週間生きる事で、自律神経は動物や植物に近い良い状態になると思います。

日の出日の入りと共に生きて、外気温と戦ってやれば、良いんです。

自律神経を狂わせる様な、薬・サプリメント・パソコン・ゲームから開放して元の状態を手に出来ると思います。

もうじき夏も本番です。

自律神経失調症(薬を長年飲まれた方は簡単では無いとおもいます)を克服するチャンスシーズンです!!

キャンプオススメです!!

まずは、簡単な早寝早起き(5時起床22時入眠)がオススメです!!

そして、パソコンやテレビが見たければ、早起きして見る。

夏は色々な疾患を治す事が出来る可能性が高くなる季節です!!

-ブログ
-,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.