ブログ

幸も不幸も陰陽論。

投稿日:

おはようございます。

 

竹前です。

 

娘の作文のテーマが「幸も不幸に別は無い」と言うテーマで

 

えええええええええ~~~まじでぇええええ小学6年生とは思えない~~~。

 

でも

一白水星ぽいと思いました。

※一白水星は哲学者タイプにも多いんですよね・・・。

 

また、先に行きたがる感じが申酉天中殺っぽいとも思いました。

 

 

さて

考え方で病は治るものもありますので参考にしてください。

 

東洋医学のイロハの陰陽論です。

 

image

光と影。

昼と夜。

男と女。

 

相反するものであり。

 

一方が無ければ

一方も存在する事が出来ない。

 

また、時系列として考える事もあります。

 

朝昼夜

春夏秋冬

赤ちゃん。少年。青年。成人。中年おやじ。老人。死。

 

先日書きました。

運勢のサイクルもおなじみでしょうか?

 

絶望さんの横に希望さんが生まれます。

小さなことに感謝を覚えます。ありがたい気持ちになります。

運気があがり、今までありがたかった事が当たり前になります。

もっと調子に乗り、欲を持ち、上昇志向を持ち

人を差別したり虐げたりダメ出しをし

 

また何かを失いはじめます。

少しづつ冬に向かっていきます。

 

運勢は割とそれの繰り返しです。

 

そして、それが自分が原因である意識が持てない事が多いです。

 

だからこそ出口が見つからないとも言えます。

 

これが、第三者的にみる運勢です。

 

 

娘の文章とは相当異なりますが

 

基本であり、定番の陰陽論です。

 

 

幸も不幸も、意識や考え方の問題であり。

 

どちらか一方では成立しない。

 

相剋関係であり。

(お互い相反するものであり)

双生関係でもある。
(お互いがある事でお互いが存在できる)

 

幸せだけ。不幸だけの人生なんて、無い!!

 

と言う話なんですね。

 

 

 

非常に絶望的な時期は誰しもあると思います。

 

しかし、陰陽論で言えば

 

永遠の幸せも

永遠の不幸も無いのです。

 

その影が絶望的であるほどに、時間をかけて強い人になるでしょう。

 

 

ただ。当然、諦めたら、そこで終わりです。

 

次に来るハッピータイムを経験する事は無いでしょう。

 

あきらめない事。

挑戦し続ける事。

 

大事ですよねぇ

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

ではでは

よき一日を!!

 

 

 

 

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.