ブログ

生きにくい人の個性。

投稿日:

おはようございます。

 

竹前です。

 

 

東洋医学では性分が病を形成するお話は常々しております。

 

誰が聞いても悪そうな性分で言えば

 

短気。

負けず嫌い。

頑固。

自尊心やプライドが高い。

 

などでしょうか?

少しマニアックになると優しすぎる人も病みます。

 

何故かと言えば優しくない人が許せない。という感情だったり、正義が出て、優しくない人を恨んだりしてしまいます。

 

 

ちなみに、子供を怒らない親は、自分も怒られた事が無い親だったりします。

 

その親が優しいか?となると

 

すこし違ったりします。

 

実は非常にマイペースで、自分のマイペースを貫きます。

 

子供に合わせるのではなく、自分の都合に子供を合わせます。

 

どちらも良いも悪いも無いのですが、優しい。という概念も意外と自己都合であり。

 

実は、共依存の元になったりします。

 

例えば

 

私は本当はイヤだったのに我慢したんだから

貴方も我慢しなさいよ!

とかとか、そんな意識は共依存です。

 

さて

 

東洋医学は気の流れや臓器やホルモンの不具合を改善して、こういう性格を脱したい方の助力にもなります。

 

とは言え

 

本人の意識改革も大切です。

 

更に

 

とは言え

 

 

上記の方々が、言われて変わるでしょうか?

 

そもそも

 

不思議なもので、個性なんてものは、案外、無自覚だったりします。

 

この無自覚を自覚出来た方だけが

 

変化(成長)が出来ます。

 

 

無自覚であれば、頑固のまま、え?おれは柔軟だよぉ~と言いながら

 

三つ子の魂百までになります。

 

典型的な例なのですが

 

頑固な人が頑固な自覚はありません。

 

 

さて

 

心の病を治す上で色々な心理学的な勉強をしますと

 

東洋医学と西洋医学のように、はっきりとではない。なんとなくの二極に分かれます。

 

 

過去にほぼ全ての原因を見出すユングのトラウマ論。

インナーチャイルド説に傾倒する人、支持する人。前世や過去世。

毒親、家庭環境、生活環境要因の思考感情です。

貴方は悪くない。という。

 

患者さんにとってはなんとも、救われる方法論です。

 

 

ただ。これ、正直言いまして、対処方法なのです。

 

一過性には救われて楽になります。

 

私は悪くなかった。悪いのは○○。

 

これで救われる部分はありますが・・・。

 

他責である以上、根治にはならないのです。

 

ただ。

これはこれで悪くない。ある意味必要なプロセスにも思います・・・。

 

 

鍼灸でも

症状を治す票治法と根本原因を治す根治法があります。

 

問題は使い方です。

 

 

 

東洋医学では根本的改善を重要視しますから

 

基本的に病を作るのも健康を作るのも自分自身の問題です。

 

 

なので、成人以降

 

ここから先、起きている現象は、貴方自身の問題です。

 

 

これと似た様な心理学が、嫌われる勇気のアドラー心理学に思います。

 

結局は、自分は悪くない。という自分を正当化する本能であったり。

 

人の、してやった事。やられた事。

を、忘れない本能であったり。

 

 

結果的に、自分は変わる事無く、他人を変えようとする。が、変わらない。その苦しみが、生きにくさ。として出ていたりします。

 

 

多分なのですが

 

この話の意味がわからない人は大勢います。

 

海陽堂の患者さんでも、アドラー心理学は受け付けられない人は結構いました。

 

わかる人は

 

どんどん変化成長して「楽」に生きて頂ければと思います。

 

 

ちなみに、動物の進化理由の一つは、ラクする為だそうです。

 

楽に生きる為に

 

己を知り。

己を変化成長させて行きましょう!!

 

image

 

保育園の先生から頂きました。

竹前的に

 

すご~く

ハイセンス!

 

素敵!

 

素晴らしい!!

 

あったかい!!

 

 

ちなみに

 

短気。

負けず嫌い。

頑固。

自尊心やプライドが高い。の方がよくやってしまっている事は、受容と承認の反対の否定です。

 

世の中、鏡ですから

結果的に、それが自分に返ります。

 

 

 

では

 

今日も良き一日をお作り下さいませ。

 

 

 

 

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.