スタッフ佐々木。

春ならではの不調の出方。

投稿日:

おはようございます。
佐々木です。

春の気も少しずつ感じるようになってきて、

身体の具合も人によっては少しずつ変化が出て来る頃かと思います。

そんな時に気を付けてほしい事がありますので、

是非注意して上手い事日常を過ごして頂ければ幸いです。

春の気というのは上昇する気ですので、

気持ちが昂り易いというのが一つあります。

怒りっぽくなってしまうなんていうのがこの時期だったりします。

まぁ忙しい時期ではありますので、

イライラしそうな事も普段よりは多くなる物だと思います。

ただ、普段なら十中八九気にならない様な事とかまで、

イラッとしたりするようになります。

これをブチまけろとは言いませんが、

溜め込んでいくといつかボカンといって、

プスプスと動けなくなってしまう、なんて事もありますので、

程よいガス抜きを心掛けて頂くのが大事かと思います。

感情的な昂り、上昇というのも気を付けて頂きたいのですが、

もう少し身体的な部分で考えても上昇というものはネックになってきます。

この時期、季節にちょろっと出てくるのがめまいとかですかね。

冬の間から出ている人もいるかもしれませんが、

このめまいも気血の上昇がトリガーとなってグワングワンする人が居るかと思います。

めまいが出る時点でそれなりに身体の状態が良くないと考えられますが、

今みたいな色んなモノが動き出す時期というのは、

良くも悪くも動き易い、偏り易いという事を理解して頂くのが良いかと思います。

例えばめまいを起こす人の特徴でいうと、

手足が冷えているというのはほぼ間違いないかと思うのですが、

手足の冷えというのは、身体全体をみた時に手足が特に冷えている、相対的に冷えているという事になります。

つまり身体の中で偏りがあるという事です。

この偏りがこの時期特に顕著に出る事を考えると、

より冷えている部分とそうでない部分の差が大きくなる可能性があります。

では何故より冷える可能性があるのか、

それはシンプルに上昇するからです。

逆上せるといった方が早いですね。

頭の方に気血が行ってしまえば、手足への配分というのは自然と減ります。

ただ自然と上昇しやすい状態になっているという事は、

それだけ身体全体に回す事も幾分か容易になります。

ふり幅が冬より大きくなると言えば良いのでしょうか。

だから逆を言えば、状態を良くすることも冬よりは容易になります。

変化の時期ですので、良くも悪くも出来る事、

基本的に上に行く傾向にあるので、手足などの末端へ送る事を意識する事、

イライラを溜め込まない事を念頭に過ごして頂ければと思います。

末端へ送るというのは爪揉みなんかが効果的かと思います。

寝る前とかにでも痛気持ち良いぐらいな感じでやってみてください。

image

-スタッフ佐々木。
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.