ブログ

余命を考える。

投稿日:2016年5月23日 更新日:

私にとって

目に見えない物ほど大切です。

その一つが、命です。
自分が、ああ凄いなと感じる人の特徴の一つが死生観がある傾向が有ります。
簡単に言うと
覚悟して生きてる。と言う印象です。
そういう方は
強いですよね。
得てして
大切な人を失っていたり。
余命宣告経験していたり。
多くの死と向き合ってる傾向が有ります。
たまに
ふと、自分も考えます。
今、この瞬間に命が終わる事も不思議では無い。
明日死んでも
全然、おかしなことでは無い。
迷ったり
目的を見失ったり
思いやりに欠けたり
悩んだ時に
そんな時に
いろんな幅の余命を妄想したりします。
あと一週間なら
三ヶ月なら
3年なら 
はたまた40年なら
家族の余命を妄想する。
東大医学部の教授が
今の人は、死を悲しみ過ぎる。と言ってましたね。
日本では死体をメディアで流しませんし。
日常的に死体を見る機会も少ないです。

死を忘れて生きている人も少なく無いと思います。

自分も
貴方も
貴方の大切な人も
自分の大切な人も
100%死にます。

 死ぬときに後悔すること25

 1 健康を大切にしなかったこと
 2 たばこを止めなかったこと
 3 生前の意思を示さなかったこと
 4 治療の意味を見失ってしまったこと
 5 自分のやりたいことをやらなかったこと
 6 夢をかなえられなかったこと
 7 悪事に手を染めたこと
 8 感情に振り回された一生を過ごしたこと
 9 他人に優しくなかったこと
10 自分が一番と信じて疑わなかったこと
11 遺産をどうするかを決めなかったこと
12 自分の葬儀を考えなかったこと
13 故郷に帰らなかったこと
14 美味しいものを食べておかなかったこと
15 仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
16 行きたい場所に旅行しなかったこと
17 会いたい人に会っておかなかったこと
18 記憶に残る恋愛をしなかったこと
19 結婚をしなかったこと
20 子供を育てなかったこと
21 子供を結婚させなかったこと
22 自分の生きた証を残さなかったこと
23 生と死の問題を乗り越えられなかったこと
24 神仏の教えを知らなかったこと
25 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

『死ぬときに後悔すること25』より抜萃
大津秀一(緩和医療医=終末期医療の実践医)著
発行:致知出版社



それでは

今日も良き1日を^ ^

ありがとうございます。

愛してます。

ごめんなさい。

許してください。

ハワイの人生好転させるおまじないです
^ ^

ありがとうございます。

お知らせ

6月5日、19日、日曜は海陽堂がお休みとなります。

ご不便お掛けしますが宜しくお願い致します。

只今平日で初診の方のみ
温熱機治療を1,000円で提供しています。

平日のみで申し訳ありませんが、
内容は体験的な治療として申し分ない物を提供しているつもりです。
鍼灸の入りとして考えて頂ける方はコチラをご確認の上、
ご連絡下さい。

また、+2,000円で美容鍼灸を併用することも可能ですので、
興味がある方は併せてご検討下さい。

求人の募集をしています。

条件などはコチラに記載していますので、
一通り目を通して頂いた上で連絡して頂けると助かります。
質問なども承っておりますので、気軽にご連絡下さい。

-ブログ

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.