スタッフ佐々木。

坐骨神経痛どこからどこまで。

投稿日:

おはようございます。
佐々木です。

脚が痛いという原因は様々ありますが、

意外と考えられない原因に坐骨神経痛があります。

坐骨神経痛の痛みというとお尻や太もも裏などに限局され、

膝やふくらはぎ、アキレス腱などの痛みはまた別のモノと考えられがちです。

また、人によってイメージは違うのかもしれませんが、

痛みの度合なども、シビレやかなりの痛みを伴うものだと認識されがちで、

軽いモノであれば坐骨神経痛と言う程でもない、と思っている方もいるようです。

実際酷くなれば、シビレや歩くのも困難になるぐらいの痛みなどを伴いますが、

これぐらいの痛みから坐骨神経痛、というような線引きはないので、

多少の違和感であろうが歩けないぐらいの痛みであろうが、

坐骨神経痛は坐骨神経痛なわけです。

問題なのは坐骨神経が障害されているのかいないのかという話なのです。

だから部位もお尻の辺りの痛みだけが坐骨神経痛というわけではありません。

坐骨神経が障害されて影響が出る部位の症状であれば、

どの部位だって坐骨神経痛と考えたっていいんです。

そう考えると膝やふくらはぎ、アキレス腱も坐骨神経痛と呼べる範疇になります。

何故なら坐骨神経というのは脚のほぼ全域に分枝していくからです。

神経というのは元となる部分から伸びてきて、

分枝を繰り返していくことで全身に分布しています。

その中で坐骨神経というのは腰から伸びてきた神経が一度集まって、

お尻の筋肉の中を通っていく神経で、

坐骨神経から分枝して脚全体に神経が広がっていきます。

もちろん膝にも、その先にもです。

ということで話が戻りますが、

よく解らん膝痛やアキレス腱炎のようなものの原因が

坐骨神経痛ってことも十分に考えられる訳です。

半月板が損傷して、とか、

靭帯が断裂して、とか、

そんな明確なものでなければ可能性は実は結構高いです。

特に変形性膝関節症みたいな軟骨が擦り減ってドーノコーノという様なものは

案外坐骨神経の流れを確保してあげるだけで症状がすぐに軽減したりします。

逆に一生懸命局所的に膝ばっかり良くしようと思っても中々良くならなかったりします。

これってよくある話なんです。

こんな原因の場合もあるんだと知って頂いて、

出ている症状をどうにかしようとして治そうとしてくれればどうにか出来るのですが、

逆にこれは症状の内に入らないでしょう、と高を括って

放って置いてる内に悪化して症状が強く出るパターンもあります。

例えば足を攣(つ)るとかこむら返りの様なものです。

最近よく攣るとかっていうのは着々と症状が出来上がっている状態で、

この状態で何か対策を取れれば未然に防ぐ事は容易なのですが、

結構無視というか気にも留めない方が多いかと思います。

少し身体を動かしたりするだけでも違うので、

いつでも予防出来るように頭の片隅にでも記憶しておいて頂けると嬉しいです。

とりあえず治してみたいと思うのであれば、

お試しの治療も現在やっておりますので、

気になる方はお試し下さい。

宜しくお願い致します。

-スタッフ佐々木。
-, ,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.