スタッフ佐々木。

秋の肺と風邪の話。

投稿日:

おはようございます。
佐々木です。

秋の感じが深まって来ている感じがするので、

もう少しだけ秋の身体についてお話させて頂ければと思います。

少し前にも話させて頂いたのですが、

秋といったら肺。

肺というのは西洋でも東洋でも呼吸に絡んできます。

呼吸に絡むということで胸や喉や鼻といった部分に影響が出るわけで、

これらが絡むものといったら風邪ですかね。

実際、秋というのは風邪が結構問題になる季節だったりします。

あれですよ?

感覚的にとかじゃ無くて東洋医学とかの話でですよ。

六淫とか六邪というものがあって、

風邪、寒邪、暑邪、湿邪、熱邪、燥邪

の6個の悪者がいるわけです。

ちなみに風邪はカゼじゃないですよ、フウジャですよ。

これらは季節毎に「俺の出番だー!!」って出て来ます。

その中で風邪は一年中いて、他の物と組み合わさることで、悪者の後押しをする訳です。

仮面ライダー的な考えでいくと、

風邪は戦闘員で「イーッ!!」といつもその辺にいて、

ペシペシと表面を叩いてくるような感じで、

他の寒邪とか燥邪というのはいわゆる怪人。

その時々に違う怪人がやってきて、特徴的な攻撃をしてくるわけです。

ヒエヒエな攻撃をしてくる怪人もいれば、

アツアツな攻撃もしてくる怪人もいる。

ジメジメドヨーンな怪人がいれば、

カラカラケホケホな怪人もいます。

そんな怪人が戦闘員の力を借りて仮面ライダーを追い詰める訳です。

ちなみに仮面ライダーはこの場合皆さんですね。

こんな感じのものが一年通して存在しているのですが、

秋というのはこの中の燥邪と、ちょっとした寒邪と、戦闘員こと風邪がいます。

この燥邪というのが皆さんがイメージする風邪(カゼ)にクリソツな症状をもたらすのです。

喉がイガイガして、ケホケホと咳き込んで、お肌はカサカサ、

風邪(カゼ)かな?燥邪(ソウジャ)です。

ってな具合です。

症状的にはこんなですから、もちろん肺に影響する訳で、

酷くなれば喘息とか気管支炎とか肺炎とかそういう話になっちゃいます。

他のモノも同じですが風邪(フウジャ)とセットになるのですが、

こいつの侵入経路というのが頚~背中の部分からスーッと入ってきます。

だからこの辺がゾクゾクっとした時はこれらが入ったと想定して、

そこに蓋をして温めてあげることであまり酷くならずに済んだりします。

そもそも風邪というのは熱に弱い訳です。

だから温めてあげることで早々にご退場頂けるといった感じになります。

あとは身体が温かい方が悪い物と戦いやすい環境だということです。

ちょっとした油断というか、体調の落ち込みや気分の落ち込みといったところを

見計らって侵入してきますので、

怪しく感じたら手を抜かずに温かい格好を宜しくお願いします。

-スタッフ佐々木。
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.